平和教育・地雷・小型武器・子ども兵に取り組む認定NPO法人テラ・ルネッサンス

メニュー

テラ・ルネッサンス ブログ テラ・ルネッサンス ブログ


FC会員 竹川美奈子さん ~テラルネ応援メッセージVol.3~

◆長期的な視点で未来を作っていく、というテラ・ルネッサンスの活動は、投資に近い・・・


竹川美奈子さんは、出版社、新聞社勤務を経て、金融関係の取材・執筆・講演を行うファイナンシャル・ジャーナリストとして活躍されている方です。主な著書に「はじめての投資信託入門」などがあります。

 

そんな竹川さんとテラ・ルネッサンスの出会いは、鬼丸(創設者)の講演に参加したことでした。

 

その講演で、「小型武器や子ども兵問題の背景を知り、実は私たちの生活を密接に関わっている」と感じられた竹川さん。ファンクラブ会員なら、「(わずかではありますが)毎月継続的に応援できる」と思い、ご支援を始めてくださったのです。

 

ファンクラブ会員になって、良かったことは、とお聞きすると、「活動の冊子、ハガキなどを通じて、現地の様子がわかるのがよいですね。現地の方々の笑顔を見られると、私も幸せな気持ちになれます。」と、おっしゃってくださいました。

◆長期的な視点で未来を作っていく、というテラ・ルネッサンスの活動は、投資に近い・・・


さらに、竹川さんは、テラ・ルネッサンスが支援を行っている現場を視察しよう、と、2018年に実施した、ラオスへのスタディツアーへ参加くださいます。

 

そのスタディツアーで、竹川さんが一番印象に残ったことは、ラオスで根強く残る[不発弾]の処理現場だったそうです。



◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

不発弾処理の現場は乾期の田んぼでした。

 

遠くからみると不発弾処理ではなく、まるで農作業をしているかと錯覚するほどの田園風景。私はそれが逆にこわかった。本当に日常の風景だったから。

 

その下に今だに不発弾が埋まっていて、事故が起こる(現地のNPOセンターで子どもの義足をみて悲しい思いになりました)。

 

しかも、撤去が終わらなくても、雨季になると(生活があるから)、田んぼで田植えを始めてしまう。。不発弾があっても、食べていかなくてはならないから。そして、事故も起こる。

 

一度戦争・紛争が起きてしまったら、その後処理にどれだけの時間と犠牲を払わないといけないのか…と改めて感じました。

 

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

その想いを大切に心で育んでくださった竹川さんは、ツアーに参加したメンバーとともに、帰国後に報告会を自ら開催されたのです。

 

「知ることから、すべては始まる」と考える、テラ・ルネッサンスの理念を体現いただき、私たちは、とても嬉しかったです。

 

そんな竹川さんが、[ファンクラブ会員]へ、ひとりでも多くの方に登録いただきたいと、ファイナンシャルジャーナリストらしい視点で、メッセージを寄せてくださいました。

 

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

寄付って、今必要としている人にお金を渡す行為と言われますが、その先にいる方たちが自立して、その地域で仕事を始めたり、雇用を生んだりすることができたら、さらにお金は循環していきますよね。そういう意味では、長期的な視点で未来を作っていく、というテラ・ルネッサンスの活動は、投資に近いかな、とも思います。

 

 (竹川美奈子さん)

 

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

支援を必要とする人々や地域の未来における可能性を信じ、活動するテラ・ルネッサンスの本質を、的確にご紹介いただき、ありがとうございます。

 

これからも未来を信じて、今を変えるべく、ひたむきに世界6カ国での取り組みを進化させていきます。

 

竹川さん、素敵なメッセージをありがとうございます。

 

(文責:鬼丸昌也)

ファンクラブキャンペーン2020実施中!

ファンクラブキャンペーン2020実施中!

ラオスのスタディーツアーを終えて、自ら報告会を開催された竹川さん。その後も、「未来への投資」として弊会への応援を続けてくださっています。

テラ・ルネッサンスを通じて世界とつながり、自ら行動を起こしてくださる姿は、私たちにも勇気を与えてくれます。

 

現在、テラ・ルネッサンスでは、組織としてよりパワーアップし安定した活動を行うために新たにファンクラブ会員となっていただける支援者さま200名を募集するキャンペーンを現在実施しております。

 

竹川さんのように、世界と、社会とつながるきっかけの一つとして、ファンクラブ会員のお申し込みをご検討いただけると幸いです。




その他のブログを見る

  • facebook
  • twitter

お問い合わせはこちら

メニュー閉じる