20周年を迎える国際協力NPOがサポーター募集キャンペーンを開始。「社会」とつながる場所としての役割とは…


  •  

■ ファンクラブキャンペーンにご参加ください!

 

スマートフォン用の画像

 

   



 

 

■ 設立20年の節目に向けて

 


認定NPO法人テラ・ルネッサンスは、国際協力に取り組むNGO(NPO)として2001年に設立されました。以来 19年間に渡り活動を継続し、来年には20周年の節目を迎えます。

 

カンボジアにおける地雷被害者への支援にはじまり、アフリカの元子ども兵や難民の人々、そして東日本大震災における岩手県大槌町で被災した方々など。自立や復興を目指した支援を通じて、紛争や災害によって傷ついた一人ひとりに寄り添い続けてきました。

 

また、国内ではそれらの社会課題に関心を持ってもらえるように、企業や学校における講演などの啓発活動にも力を注いでいます。

  

 


これらの活動は、日頃から寄付などでご支援いただく一人ひとりの“想いの力”によって実現されてきました。ゼロからはじまったテラ・ルネッサンスですが、そんな皆さまと一緒にこれまで活動できたことを心から嬉しく感じています。心から感謝申し上げます。

 

そのような状況において、来年に設立20年を迎えるにあたり、私たちは活動を継続的に応援いただける仲間(=ファンクラブ会員)を増やしていきたいと考えています。

 

■ テラ・ルネッサンスという存在は…

 


なぜ、これまで多くの方々が仲間になってくれたのか。そして、どうしたらこれからも仲間になってもらえるのか。議論を深めるうちに、あるひとつの考えが浮かび上がってきました。

 

テラ・ルネッサンスという存在、それは応援いただく一人ひとりにとって『「社会」とつながる場所 』なのかもしれない、ということでした。





いま、私たちが生きるこの社会は様々な問題に溢れています。そして、それらの問題を知り、自分にできることを考え、行動する人がいます。このように問題を知り、考え、行動することは、それぞれが「社会」とつながることだといえます。

 

数ある問題のうち、なかでもテラ・ルネッサンスは、アジアやアフリカにおける紛争被害に遭った人々への支援に取り組み、またその現状や問題の原因などを伝えてきました。



… … …

 

「アフリカの紛争、子ども兵が生まれる原因に、私たちが使うスマホ(≒紛争鉱物)が関係しているなんて知らなかった。」

 

「元子ども兵が職業訓練で収入を得られるようになると、長期的には支援の必要がなくなるから自立ができるのか。」

 

「自分になにかできることはないか、どんな支援の方法があるのだろうか。」

 

「現地に行くことはできないけど、寄付で応援しよう。この問題をみんなに知ってもらいたいから、講演会を主催しよう。」

 

「わたしの考えや行動は、微力かもしれないけど、無力じゃない。」

 

… … …



テラ・ルネッサンスという存在が、そんな一人ひとりの想いに触れ「社会」とつながる場所のひとつとして機能したとき、ここに共感した仲間が集まり、あたたかい応援を寄せていただくことができたのではないかと感じます。

 

そしてこれからも、そのつながりを強く太くできるような存在でありたいと願っています。

 

 

■ 新型コロナウイルス緊急支援で感じた「想い」

 

 

現在、新型コロナウイルス(以下、新型コロナ)によって世界中が大きな影響を受けています。日本で暮らす私たちも例外ではなく、これまでとは違った生活を強いられ困難な日々が続いています。

 

私たちが活動するアフリカの国々も同様で、その深刻な被害状況から緊急的に対策支援事業を立案しました。活動資金を調達するために「新型コロナ対策支援キャンペーン」を実施し、結果として900名以上の方から2,400万円以上のご寄付をいただきました。

 

先述のとおり日本国内も大変な状況のなか、本当にたくさんのご支援をいただき、私たちはうれしさが溢れ、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

 


なにより、そのつながりが集まったとき、こんなにも大きな力になるのかということをあらためて実感したのです。わたしたちは微力ですが、無力ではありません。

 

 

■ コロナ禍のアフリカで緊急支援を実施

 

 


早速、集まった資金で様々な支援を届けることができました。その一部を紹介します。約40,000個の石鹸を配布にあわせ、840箇所に手洗い設備設置。さらに、感染予防のための啓発活動として約18,000枚の手洗いチラシ・ポスター配布しました。(6月末時点)

 

 


また、アフリカでも感染予防のためにマスクの需要が高まってきています。ですが、使い捨てマスクは通常より何十倍も高い値段で販売されているため、貧困層の人々では手に入れることができない状況です。

 

そこで、私たちはテラ・ルネッサンスの支援によって洋裁の技術を身につけた元子ども兵の方々へ布マスクの生産を依頼。マスクの生産によって収入を得られるとともに、マスクを必要とする貧困層の人々へ配布するための支援をはじめています。


■ 不測の時代に必要なこと

 


このような取り組みができたのは、新型コロナに対する緊急支援にあわせ、それ以前からファンクラブ会員などによる寄付によって、職業訓練の支援を実施できていたためです。


新型コロナが示したくれたように、私たちは不測の時代を生きているのだと感じます。この波を乗り越えていくために必要なこと、それは、人と人とのつながりなのかもしれません。

事実、新型コロナ緊急支援は活動資金の調達を待たず、一部先行し自己財源を拠出するかたちで開始しました。アフリカの現場の事態は緊急を要していましたし、またそれを実現することができたのもファンクラブ会費などのご支援によるものでした。

このことから、私たちは皆さん一人ひとりとのつながりを持ち、不測の時代をともに乗り越えていくため、ファンクラブ会員としてご支援をお願いしたいと考えているのです。

■ 最後に

 


最後に、ファンクラブ会員としてのご支援をお願いする理由を、二つ説明させてください。

 

一つは、テラ・ルネッサンスに関わる様々な方法のうち、特に「社会」とのつながりを“忘れないでいられる方法”だからです。忙しい日常のなかでも、毎月の寄付を明細で確認したり、定期的に届く報告書などから、それを体感できます。

 

そしてもう一つですが、これは先に説明した通りで、毎月のご寄付によって安定的な活動を実現することができるためです。新型コロナのような感染症や突発的な災害など、緊急な支援が必要となる状況が発生した際にも、迅速かつ柔軟な支援を届けることができます。

設立20周年を迎えるにあたり、支援事業の拡大や品質向上はもちろん、これまでの支援活動の実績をもとに日本をはじめ世界にむけた啓発活動を、力強く展開していきたいと考えています。

そのために、私たちは20周年以降のテラ・ルネッサンスの活動を一緒につくっていただける仲間を必要としています。
ぜひこの機会に、テラ・ルネッサンスという場所で、あなたが持つ『社会』へのつながりを託していただけませんか。


 

 

創設者・鬼丸昌也からのメッセージ


もうダメかもしれない…。19年以上にわたり活動を続けるなかで、何度もあきらめかけたことがありました。

 

そのたびに、アフリカの元子ども兵や、カンボジアで地雷被害にあった人々、岩手県大槌町で被災した方々が見せてくれる「自分の未来をつくるんだ」という変化の姿や、日頃から応援してくだる方々のおかげで、なんとか乗り越えてきました。

 

「 世界平和を実現する。」

 

壮大な目標のために、個人のお一人お一人はもちろん、政府や大企業とも渡り合っていく。そのためには、私たちだけの力では足りません。

 

たくさんの仲間に活動を応援してもらい、一人ひとりの想いを届けていきたい。私たちが信じるのは、「ひとり一人に未来をつくる力がある」ということ。

 

一人の力は微力ですが、決して無力ではありません。どうかあなたも、ファンクラブ会員として、私たちと一緒に活動してください。あなたのご支援を、心よりお待ちしています。

  

令和2年8月1日
認定NPO法人テラ・ルネッサス
創設者 鬼丸昌也

■ あなたの寄付でできること、たとえば

 

 

 

 

 

 

■ 私たちも、活動を応援しています!

鬼丸さんの講演で地雷や子ども兵の話を聞き、災害現場以外でも助けを求める声があることを知りました。支援の現場を訪れた際、受益者の方が口を揃えて「テラルネに出会えて良かった」と言っていたことに感動し、支援を続けようと決意しました。また、テラルネが大切にしている「自立と自治」についても共感しています。小5の長男と一緒にウガンダのツアーに参加しましたが、次は次男も!

 

テラ・ルネッサンスが大切にしている「ひとり一人に未来をつくる力がある」というメッセージがとても魅力的で、「自分も一歩踏み出そう」と感じたことから、支援をはじめました。少しずつですが、毎月継続して活動を安定的に支えていきたいと思っています。支援が役に立っていると思うと嬉しいですし、なにより受益者やスタッフの頑張っている様子をみたり聞いたりすると、自分も頑張ろうと思えます。

■ ファンクラブ会員へお届けする、特別な贈り物

 

 

「社会」へのつながりを、より肌で感じ、ご確認いただける手段として、アフリカ・アジアの人々の声、テラ・ルネッサンスで働くスタッフの活動へ寄せる熱い想いなど記事が読めるニュースレターや、支援の成果をはじめ会計報告などを掲載した年間の活動報告冊子など、年数回に渡ってお届けします。

 

■ 【限定】元子ども兵が製作した「布マスク」をプレゼント

 

 

ファンクラブ会員への新規申し込み、または、すでにファンクラブ会員の方で月々の寄付金額を増額変更いただいた方、その他下記の対象に、ウガンダの元子ども兵が製作した「布マスク」をプレゼントいたします。写真はイメージのため、実物とは異なる場合がございます。何卒ご了承ください。

なお、ウガンダにおけるマスクの生産は元子ども兵の方々の収入となり、また現地での配布に必要な分を確保したうえでの特典配布となりますので、ご安心ください。また、お手元への到着は9月末以降(現在調整中)が想定されますので、こちらも合わせてご了承ください。


キャンペーン概要

キャンペーン期間

2020年8月1日(土) - 9月30日(水)

対象者

(1)新たにファンクラブ会員へ申込みいただいた方

(2)すでにファンクラブ会員の場合で、毎月の支援額を増額いただいた方
(3)その他会員から、ファンクラブ会員へ変更いただいた方
(4)ファンクラブ会員へ、再入会された方
(5)ご紹介いただいた方

※(5)について...知人からのご紹介を受けてお申込みされる場合、申し込みフォームの【メッセージ欄】に、ご紹介者のお名前とメールアドレス(または電話番号)をご記載ください。

電話で、お問い合わせ

増額変更のお手続きは、お電話でも受付中。早くて簡単ですので、ぜひご利用ください。詳しくは、テラ・ルネッサンス事務局(担当:上野)まで。(電話対応時間:月-金 / 10:30-18:00)

 

075-741-8786

 

ネットで、お問い合わせ

増額変更のお手続きは、ネットでも受付中です。こちらのお問い合わせフォームより、【 会員の口数変更 】をお選びいただき、お問い合わせ内容欄に、変更後の寄付金額を明記のうえ、ご連絡ください。

今すぐ申し込む

備考

コロナウイルスの影響を受け、現在、本部事務局(京都)における就業が一部リモートワークになっています。このため、ご支援をいただいた皆さまへのお礼状等の発送業務、およびお問い合わせ対応において、一部の遅延が見込まれる状況です。お手数をお掛けいたしますが、何卒ご理解をいただけますと幸いです。


よくある質問

 

Q.資料請求など、問い合わせはできますか?
A.お電話やメール、FAXにてご連絡ください。なお、お電話での受付対応時間は、月~金の10時半~18時までです。連絡先の詳細は、下記をご覧ください。

Q.いつでも退会することはできますか?
A.いつでも可能です。電話・メールにて、当会までご連絡ください。


Q.寄付による税制優遇を受けられますか?
A.可能です。テラ・ルネッサンスは、2014年に京都府より認定を受けた認定NPO法人です。ご寄付は、寄付金控除など税制上の優遇措置の対象となり、所得税・住民税など約40%の税額控除を受けることができます。

 

■ 応援メッセージをお寄せください


スマートフォン用の画像

応援メッセージをお待ちしています!


■ キャンペーンブログをみる