平和教育・地雷・小型武器・子ども兵に取り組む認定NPO法人テラ・ルネッサンス

メニュー

テラ・ルネッサンス ブログ テラ・ルネッサンス ブログ


コンゴ中央カサイ州:経済活動の再開に伴い職業訓練を再開!【緊急支援レポート】

 
コンゴ民主共和国 中央カサイ州では徐々に社会経済活動が再開されています。

 

3月の非常事態宣言以降、延長に次ぐ延長で、7月21日に非常事態宣言が終了されるまで、様々な社会経済活動が禁止・制限されてきましたが、先週から学校や教育機関の再開されました。

 

それに合わせて、当会のコンゴ事業でも、人の集まる職業訓練などの活動を再開しました。まずは、中央カサイ州での洋裁訓練を8月3日に再開し、順次マスクの製作や追加の技術訓練を開始しています。

写真:再開された洋裁訓練

 

今回は、コロナ危機で十分に技術習得ができなかった女性や、マスク作りの補完研修を受けたい対象30名を対象に始めています。(各日に施設に来てもらい、できるだけソーシャルディスタンスを取る形で訓練を再開しています)

写真:ソーシャルディスタンスをとって訓練


一方、中央カサイ州では、先週、初の感染者が確認されるなど、コロナが終息したわけではなく、コンゴ全体での感染者数は約9千名で全てのアフリカ諸国でワースト14位の感染規模で、死者数ではワースト10位です。

 

中央カサイ州は、ずっと感染者ゼロだったのが、残念ながら非常事態宣言解除後に初の感染者が確認されているので、今後、マスクの供給と合わせて、感染予防の啓発がさらに重要になってきます。

 

そのため引き続き、コロナ禍で生活ができなくなってしまった方々への緊急支援として、高齢者や孤児、国内避難民、シングルマザー、障害者などの100世帯(約700名)の最弱層に食料や石鹸、マスクなどを届けました。

写真:支援物資を配布する様子

 

食料は主食のメイズと豆を配布しましたが、このメイズは農作物の一次加工技術を習得して、生計を立てられるようになった紛争被害女性たちに加工をお願いしたものです。

 

それにより、コロナ禍で影響を受けた彼女たちに仕事を提供し、生計を維持してもらいながら、生産物は最脆弱層の支援物資として活用することができました。

 

また、マスクや石鹸も同様に、紛争で(多くは2017年に)夫や子どもを亡くした紛争被害女性たちに、これらを生産する仕事の機会を提供しました。

写真:物資を受け取った家族
 

先ほどお伝えした通り、非常事態宣言が解除されてから感染者が確認されており、感染予防は継続的に行っていく必要があります。石鹸やマスクの生産と、それらを最脆弱層へ配布する活動は可能な限り続けていきます。

 

(報告:小川 真吾)

ファンクラブキャンペーン2020実施中!

ファンクラブキャンペーン2020実施中!


設立から19年。

 

アジア、アフリカ、そして日本で、紛争で傷ついた人びとや被災した方々の自立、復興を目指して一人ひとりに寄り添い続けてきました。

 
これらの活動はいつだって、日頃からご寄付などさまざまな形でテラ・ルネッサンスとつながってくださる皆さまの想いによって実現されてきました。

 

そして応援してくださるみなさまにとって、テラ・ルネッサンスは遠く離れた国の課題、そして社会と、皆さまの想いをつなげる場所になれていたのではないか。だからこそ共感した仲間があつまり、あたたかい応援を寄せていただくことができたのではないかと考えています。

 

設立20年を間近に、私たちは活動を継続的に応援いただける仲間(=ファンクラブ会員)を増やしていきたいと考えています。

 

ファンクラブ会員としてご支援をお願いしたい理由は二つです。


一つは、毎月のご寄付によって「社会とのつながりを忘れないでいられる方法」だから。

もう一つは、毎月のご寄付をいただくことで、新型コロナや災害のような突発的な危機が起こったときも、より安定的な活動をすることができるからです。

 

テラ・ルネッサンスでは、8月1日から9月30日までファンクラブキャンペーンを実施しています。ぜひ、この機会に、ファンクラブ会員として、一緒に活動を進める仲間になっていただけませんか。



その他のブログを見る

  • facebook
  • twitter

お問い合わせはこちら

メニュー閉じる