平和教育・地雷・小型武器・子ども兵に取り組む認定NPO法人テラ・ルネッサンス

メニュー

テラ・ルネッサンス ブログ テラ・ルネッサンス ブログ


「平和」とつながる場所 啓発事業部 職員 島

8月6日 広島

8月6日 広島


今日は8月6日。75年前、広島に原子爆弾が投下された日です。私の曾祖父は、あの日広島で被爆をし、亡くなりました。「少し開いていたカーテンの隙間から光が差し込んできた」と、広島に後入りした祖父が、亡くなる前の曾祖父から話を聞いたそうです。


小学生の時に広島平和記念資料館を訪れた際の記憶は、今も鮮明に残っています。一言で言えば、「恐怖」でした。心の奥底から感じるその感情は、今も変わらず私の心にあります。そして、一瞬でたくさんの命を奪ったこの兵器に対し、何より、戦争に対して、怒りの感情は消えません。核兵器を二度と使うことが起きてはいけないと思うのです。


あの場所に、自分と血のつながった人がいたことが、今日が自分にとって平和の尊さを改めて考える大切な日となっています。毎年ではないですが、時折、8月6日は広島に足を運びます。平和式典に参加をし、その後に曾祖父が被爆した場所に向かって、祈りを捧げます。


「平和な世界を作ります。だから、安心してください」と。

テラ・ルネッサンスという「存在」

テラ・ルネッサンスという「存在」


広島が、私の平和の原点です。この想いを持って、自分にできることは何かを考えてきました。テラ・ルネッサンスは、その想いを体現できる場になっています。共に働く仲間、活動を支えてくださる支援者の皆さま、そして、海外にいる紛争被害者の方々。誰よりも平和を望む人々と、触れ合い続けれるこの環境は、私に「平和」を想うことを忘れないでいさせてくれます。


日本で日常を過ごしていると、戦争や平和について、考えることはあまりないかと思います。日々の忙しさで、世界で起こっていることを軽く流してしまうこともあるかもしれません。


だからこそ、テラ・ルネッサンスで活動することは、私にとって、大切な意味がありました。もちろん、普段の業務自体が、海外事業の様子がわかるや、情報をキャッチするという意味で、物理的に平和に触れることとも言えるのですが、何より、たくさんの「平和」への想いに触れることに、私にとって、テラ・ルネッサンスと関わる意義があります。


何よりの機会は、仕事を通じて、支援者の方々の声を聴くことです。多くの方々が、「想い」を寄せて、託していただけます。同じ方向を向いている人がこんなにたくさんいるんだと思えること、そして、その想いに触れることで、自分の「想い」を呼び起させてもらえるのです。


平和をつくることは、たいへんなことです。困難な道のりです。それでも、あきらめたくない、あきらめられない、あきらめてはいけないのです。そのためには、「想い」を途絶えさせてはいけない。今いる場所は、それを支えてくれます。


故に、テラ・ルネッサンスは、私にとって、「平和」とつながる場所なのです。

執筆 / 啓発事業部 島 彰宏

ファンクラブキャンペーン2020実施中!

ファンクラブキャンペーン2020実施中!


設立から19年。


アジア、アフリカ、そして日本で、紛争で傷ついた人びとや被災した方々の自立、復興を目指して一人ひとりに寄り添い続けてきました。


これらの活動はいつだって、日頃からご寄付などさまざまな形でテラ・ルネッサンスとつながってくださる皆さまの想いによって実現されてきました。


そして応援してくださるみなさまにとって、テラ・ルネッサンスは遠く離れた国の課題、そして社会と、皆さまの想いをつなげる場所になれていたのではないか。だからこそ共感した仲間があつまり、あたたかい応援を寄せていただくことができたのではないかと考えています。


設立20年を間近に、私たちは活動を継続的に応援いただける仲間(=ファンクラブ会員)を増やしていきたいと考えています。


ファンクラブ会員としてご支援をお願いしたい理由は二つです。


一つは、毎月のご寄付によって「社会とのつながりを忘れないでいられる方法」だから。

もう一つは、毎月のご寄付をいただくことで、新型コロナや災害のような突発的な危機が起こったときも、より安定的な活動をすることができるからです。


テラ・ルネッサンスでは、8月1日から9月30日までファンクラブキャンペーンを実施しています。ぜひ、この機会に、ファンクラブ会員として、一緒に活動を進める仲間になっていただけませんか。

▼ファンクラブ会員について詳しくはこちら▼
https://www.terra-r.jp/fccp2020.html

その他のブログを見る

  • facebook
  • twitter

お問い合わせはこちら

メニュー閉じる