平和教育・地雷・小型武器・子ども兵に取り組む認定NPO法人テラ・ルネッサンス

メニュー

テラ・ルネッサンス ブログ テラ・ルネッサンス ブログ


石鹸づくりで生計支援スタート!【緊急支援プロジェクト】

ウガンダが100名程度の感染者数で止まっている一方、コンゴ民は、感染者数が約900名に増え、40名近くが死亡しています。

 

そして、コンゴ民もウガンダに引き続き、今月8日にロックダウン(緊急事態宣言)が延長され、ますます、住民の暮らしは圧迫されています。

 

食料品や衛生用品の取引など社会生活に不可欠な仕事は許されていますが、移動制限も厳しく、また州間の移動も禁止されており、最貧困層は基本的ニーズも満たせず、また、暴動も各地で起こっている状況です。

 

そんな中、昨年、私たちの施設で、ようやく石鹸作りの技術を身につけて自立することができた女性たち(100名)の収入も激減しました。

 

また、大半の住民たちもロックダウン下で仕事や収入が無くなり、加えて食料価格が高騰している中で、感染予防に不可欠な石鹸さえも買えない住民たちが多数います。

こうした状況を踏まえて、先月から、こうした女性たちに石鹸作りの仕事を提供し、完成した石鹸を最貧困層などの一般市民に届け始めました。

 

(女性らがつくった石鹸)

 
彼女たちは、私たちの施設で職業訓練を受ける前は、紛争で夫や子どもを亡くしたり、国内避難民として生活していた女性たちです。

しかし、コロナ前は、自分たちの力で石鹸を製造、販売しており、今もその技術とノウハウを持っています。
 
この取り組みを話した時に、彼女たちが、「自分たちの生活を支えることもでき、他の住民たちの役にも立てる。かつては、戦争と女性に対する暴力の二重苦を味わってきたけど、今、この仕事をすることは、自分の生活を支え、他者の役にも立てる、二重の喜びだ」と話してくれました。


(手洗いセットとともに石鹸も配られている)

現時点で、約1万個の石鹸を製造することができており、近隣の最貧困層の女性や老人に石鹸を配布したり、写真にある手洗い設備とセットで、100箇所の地元の病院や人の出入りするお店、市場、そして刑務所に提供してきました。

(コンゴ刑務所での手洗い設備を配布)
 
特にコンゴの刑務所は劣悪な環境で、もしここで感染が広がると囚人の管理に混乱を招くだけでなく、囚人の家族や知人らが刑務所外で暴動を引き起こすことも懸念されます。
 
さらに、起こって欲しくはないことですが、ロックダウン下で仕事を亡くし、生活の糧を亡くした人たちが増え、結果、犯罪が増えてしまい、刑務所内の囚人の数が増えることも予想されます。
 
刑務所内での人権侵害は、コンゴではよく聞く話ですが、もし感染者が出た場合、輪をかけて人権侵害が酷くなることも懸念されます。
 
とにかく、刑務所内での感染者は絶対に出してはいけない、という地元の声に応えて、我々としてできる限りのことは実施しました。
 
引き続き、彼女たちへは石鹸作りの仕事を提供し、ロックダウン下でも、最低限の収入を維持してもらうともに、出来上がった石鹸は最貧困層や、感染予防のための支援物資として活用していきます。

◆アフリカにおける感染拡大を防ぎ、人々の暮らしを守りたい

◆アフリカにおける感染拡大を防ぎ、人々の暮らしを守りたい

私たちはいま、ウガンダとコンゴ民主共和国で新型コロナウィルス対策緊急支援プロジェクトを実施しており、【 1,900万円 】の活動資金を必要としています。

 

現在【 17,053,303円 】のご支援をいただいており、あと【 約195万円 】の活動資金が必要です。(5/11時点)

 

新型コロナウイルスの感染防止と、脆弱な立場に置かれている人々の社会的、経済的ダメージを少しでも減らすため、つまり、一人ひとりの「いのち」を守るために、皆さまのご支援をお寄せください。

 

▼キャンペーン詳細はこちら▼

https://www.terra-r.jp/covid-19.html


また、【5/22(金)】に「新型コロナウイルス対策緊急支援プロジェクト」について、プロジェクト担当する小川真吾によるオンラインセミナーを緊急開催いたします。実際の現場の様子を詳しくお伝えする予定ですので、ぜひご参加ください。
▼オンラインセミナー詳細・お申し込みはこちら▼
https://www.terra-r.jp/event/20200522event.html

その他のブログを見る

  • facebook
  • twitter

お問い合わせはこちら

メニュー閉じる