手洗い設備を設置しました!【緊急支援プロジェクト】

メニュー

テラ・ルネッサンス ブログ テラ・ルネッサンス ブログ


手洗い設備を設置しました!【緊急支援プロジェクト】

ウガンダ北部の南スーダン難民居住区に、手洗い設備を設置しました!

5cx-xjoyew8d8phwq641qv8uxlylhu-g.jpg

今回設置できたのは50箇所。

 

優先的に設置したのは、レストランの入り口や、給水所、木工店のお店、市場などです。難民居住区の中でも人が出入りする場所に設置しました。(市場での食料品など必需品の売買は今も行われています。)

 

それでも、手洗い場は足りていない状況です。

 

さらに、援助の停滞、経済活動の制限により、居住区に住む難民の方々は、生計を立てることが非常に困難になっています。

 

毎日の衣食住を満たすことも難しい

状況の中で、消毒液どころか、手洗い用の石鹸や、貯水タンクなど自らで購入することはできません。

 

だからこそ、この手洗い場の設置は、費用対効果も高く、非常にニーズが高いものであると、そしてまだまだ手洗い場を設置する必要があると、居住区を周りながら実感した、と理事長小川自身も報告しています。

mq5b30vn2-r86yjzaqvkp2mtyje8w280.jpg

感染予防の観点から、三密を可能な限り避けるために、受益者たちを集めて配布するというスタイルはとりません。こちらから設置ポイントに出向き、市場のリーダーや、店主などに手洗いの方法を伝えながら一箇所、一箇所、手洗い場を設置してきました。
 

3abct93o_ifq4zztcxilzgsbso68ccch.jpg

 
また、これらの手洗い場には、水汲みボランティアが毎日、水を入れ替えてくれるように体制を組んでいます。まずは1ヶ月間は、当会がその水の運搬代などもサポートして、周辺の人たちが毎日綺麗な水できちんと石鹸を使って手洗いしてもらえるようにしています。

 

感染拡大をなんとしても防止するため、今後も活動を進めていきます。
 

アフリカにおける感染拡大を防ぎ、人々の暮らしを守りたい。

1chnzc9tkf6z4x91347ugnpjpem6hbvb.jpg

 
私たちはいま、ウガンダとコンゴ民主共和国で新型コロナウィルス対策緊急支援プロジェクトを実施しており、【 1,200万円 】の活動資金を必要としています。

 

現在【4,482,000円】のご支援をいただいており、あと【約750万円】の活動資金が必要です。(4/15時点)

 

新型コロナウイルスの感染防止と、脆弱な立場に置かれている人々の社会的、経済的ダメージを少しでも減らすため、つまり、一人ひとりの「いのち」を守るために、皆さまのご支援をお寄せください。

 

キャンペーン詳細はこちら

    

また、緊急支援プロジェクトについて、現地でプロジェクトを担当している当会理事長の小川真吾によるオンラインセミナーを4月24日(金)に緊急開催いたします。プロジェクトの進行をご報告いたしますので、ぜひご参加ください。

 

申し込み・詳細

その他のブログを見る

2024年02月
« 2024年01月 2024年03月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13
  • 2/13(火)

    【ブルンジ】ゆらゆら揺れる支援対象者の生活
    【ブルンジ】ゆらゆら揺れる支援対象者の生活
14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

記事検索

  • facebook
  • twitter

メルマガに登録

お問い合わせはこちら

メニュー閉じる