平和教育・地雷・小型武器・子ども兵に取り組む認定NPO法人テラ・ルネッサンス

メニュー

テラ・ルネッサンス ブログ テラ・ルネッサンス ブログ


【速報/ウガンダ】食料危機にあるカラモジャ地域で、緊急食料支援を行いました

2022年10月18日から19日にかけて、ウガンダの中でも深刻な飢餓に直面しているカラモジャ地域・コティド県において、緊急的な食料配布を行いました。支援の様子をご報告します。

食料配布の様子

深刻な飢餓にある、ウガンダ カラモジャ地域、コティド県

現在、アフリカではウクライナ危機の影響で、食料価格が高騰し、その他の日用品なども燃料価格高騰により、軒並み物価が上昇しています。私たちが活動を行っているウガンダ北東部のカラモジャ地域では、旱魃の影響もあり、現在、餓死者が出るほどの状態に陥っています。

 

カラモジャ地域では、人口の41%に相当する517,800人が食料不足の状態にあると言われており、その数は昨年よりも10万人以上増加しています。中でも、コティド県では、人口の45%にあたる95,000人が深刻な食料不足に陥っており(IPC 2021)*、今年2月からの5ヶ月間で、626人が飢餓により命を落としています(コティド県 2022)*。そしてその多くは高齢者や乳幼児の子どもたちです。

深刻な飢餓にある、ウガンダ カラモジャ地域、コティド県

人々は十分な食料を確保することができず、特に高齢者や子どもだけの世帯など脆弱な人々は命の危機に直面しています。食料を購入できず、雑草を食べて飢えを凌ぐなど、深刻な食料危機を引き起こしています。

緊急食料支援を実施

 このような状況を受け、テラ・ルネッサンスとして緊急食料支援を実施することにしました。

初日は、チャイルドマザー、シングルマザー、障害者、高齢者、未亡人、HIV/AIDS患者、最貧困層 などの社会的脆弱層150世帯に食料を配布しました。しかし、村の人々の声を聞いてみると、この日の支援を受け取れていない人で、より緊急の支援を必要としている世帯があることがわかりました。

そこで、二日目は、追加で13世帯 (これで計163世帯) 支援しました。こうして、村の奥まで足を運んで、これまでに援助を受け取ったこともない、本当の本当に取り残された方々のところに、直接支援を届けることができました。

 

次に、今回食料配布をした方々の状況について、お伝えします。

【対象者:写真右の男性】

・妻、娘を失って一人で暮らす。
・妻は、深刻な飢餓から、食用ではない毒のある野生のキャッサバ(芋の一種)を食べて亡くなった。

・娘はマラリアで亡くなった。飢餓・栄養失調等で免疫が弱っていた可能性が高い。

・家には「なにもない」状態。
・村の奥地に住んでいて、これまで必要にも関わらず食料援助を受け取ったことがなかった。



【対象者:写真左から2番目の女性】

・受益者リストにはなかったが、今にも亡くなってしまいそうな状況だったので緊急で追加支援を決める。

・横に座っているのが彼女のお世話をする別の女性。彼女も耳が聞こえない。

・写真左が、孫の女の子。

・この方も同様に、これまで食料援助を受け取っていなかった。

 


【対象:写真真ん中の女の子】

・生まれた時に両親が彼女を捨ててしまった。

・幼少時の飢餓・栄養失調が原因で、脳に障害が残ってしまっている。

・これまでも数回支援は受けてきたが、緊急度が高く、今回食料配布を実施した。




ただでさえその日を生きるのが必死な中で、飢餓などで家族を失って身寄りのない方々も多く、聞けば聞くほど壮絶な現実が溢れています。

カラモジャでは、10人に4人の方が全く食べる物がないと言われている中*、今回支援を届けられたのは本当に一部です。テラ・ルネッサンスは、引き続きカラモジャ地域で、最も脆弱な状況にある方を取り残さないよう、支援を行っていきます。

支援内容

今回の食料支援は、以下の内容で行いました。
 

期間

2022年10月18日、19日(2日間)

場所

カラモジャ地域 コティド県 (コティド準郡及びロキテラエブタウン)

対象

社会的脆弱層 163世帯 1,000名以上* (コティド準郡88世帯、ロキテラエブ75世帯) 

(チャイルドマザー、シングルマザー、障害者、高齢者、未亡人、HIV/AIDS患者、最貧困層 など)

物資

メイズ、豆、食用油、塩、小魚の5点セット

ご支援のお願い


テラ・ルネッサンスでは、11月1日から、カラモジャ地域への支援をはじめとし、アジア・アフリカ・ウクライナ地域で、この冬を乗り越えるための活動に必要な資金3,000万円のご寄付を呼びかけます。活動へのご理解・ご支援をお願いいたします。


テラ・ルネッサンスは、認定NPO法人です。当会へのご寄付は、税の優遇措置の対象となります。詳しくは こちら

-------------------------------------

報告

理事長・海外事業部長(ウガンダ駐在)小川真吾

海外事業部 ウガンダ事業調整員 田畑勇樹

 

執筆

啓発事業部 津田理沙

*出典

Integrated Food Security Phase Clasification, 2021. IPC Acute Food Security Analysis Uganda-Karamoja.

https://www.ipcinfo.org/fileadmin/user_upload/ipcinfo/docs/IPC_Uganda_Karamoja_AcuteFoodInsec_2021Mar2022Jan_Report.pdf (最終閲覧日:2022年10月26日)

MONITOR, July 25th 2022. “Hunger kills 900 in Karamoja - leaders”.

https://www.monitor.co.ug/uganda/special-reports/hunger-kills-900-in-karamoja-leaders-3891186(最終閲覧日:2022年10月26日)

MONITOR, July 15th 2022. “Famine Consumes Karamoja”.

https://www.monitor.co.ug/uganda/news/national/famine-consumes-karamoja-3880508 (最終閲覧日:2022年10月26日)

その他のブログを見る

2022年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

記事検索

  • facebook
  • twitter

メルマガに登録

お問い合わせはこちら

メニュー閉じる