平和教育・地雷・小型武器・子ども兵に取り組む認定NPO法人テラ・ルネッサンス

メニュー

テラ・ルネッサンス ブログ テラ・ルネッサンス ブログ


【ラオス】養蜂センター稼働開始!村人たちの手ではちみつを精製しました

【アジアレポート/2019年6月_Topic02】

前回のレポートでお伝えした、ハチの巣の収穫から数週間後、養蜂センターに村人たちが集まってきました。

養蜂センターとは、farm mielプロジェクトで設立した、シエンクワン県ポーンサワン市内中心地に位置する、はちみつの精製や製品化、そして販売の拠点となる施設です。

 

 

養蜂センターで精製を行うためのプロセシングルーム内 】

 

今年の冬は比較的暖かく、雨も少なく、養蜂を行うのに適した豊穣の年だったと、多くの村人が嬉しそうに言いながら、養蜂センターへ採れたてのハチの巣を運び込んできました。

ポンカム村からは165キロ、ムアン村からは、なんと419キロものハチの巣が届きました!

 

精製を行うのは支援対象地域のポンカム村、ムアン村からの養蜂組合メンバーたち。

はちみつをふんだんに含むこのハチの巣を、養蜂専門家の指導のもと、丁寧に精製していきます。

 

 

自ら実演して手法を伝える養蜂専門家のマライペットさん

 

最初はおぼつかない手つきで精製を行っていた養蜂組合メンバーも、徐々にコツを掴んでいき、手際よく精製を進めました。

 

 

慎重に精製作業に取り組むムアン村の養蜂組合メンバーたち

精製したばかりのはちみつ

ポンカム村からは村長も養蜂メンバーとして参加。立場を超えてチームワークを発揮し合う姿は、とても楽しそうです。

 

養蜂組合メンバーとして積極的に力仕事を担当するポンカム村の村長スッダーさん

搾りたてのはちみつの量を測り管理するのも養蜂組合メンバーの大切な役割のひとつ

絞り切って精製されたはちみつは、ポンカム村112キロ、ムアン村305キロ。

精製作業の後は、精製したはちみつをどうするのか、養蜂専門家のアドバイスのもと、話し合いを行いました。

結果、精製したはちみつの7割を現地の卸業者へ、3割を養蜂センター内で販売することで一致しました。

自分たちで採取したハチの巣を自分たちの手で精製し、その後の販売まで真剣に話し合う養蜂メンバーに、地元のはちみつに対するオーナーシップが芽生えてきたようです。

 

来月からはいよいよ、養蜂センターでのはちみつの販売が始まります!

……………………………………………
記事執筆/
アジア事業部
鎌田 久美子

 




 

その他のブログを見る

  • facebook
  • twitter

お問い合わせはこちら

メニュー閉じる