平和教育・地雷・小型武器・子ども兵に取り組む認定NPO法人テラ・ルネッサンス

メニュー

テラ・ルネッサンス ブログ テラ・ルネッサンス ブログ


星和電機株式会社さまでSDGsカードゲームを開催しました!


11月16日月曜日、
京都府城陽市にある星和電機株式会社さまの本社にて、弊会の栗田がSDGsカードゲームを実施しました。

カードゲーム「2030SDGs」は、SDGsの17 の⽬標を達成するために、現在から2030 年の達成までの道のりを疑似体験するゲームです。SDGsについてあまり知らない⽅でも、ゲームを通して、SDGs の本質や経済・社会・⾃然の相互関係を楽しみながら理解することができます。



写真:ルール説明の様子。ゲームの前にSDGsについて基本的な考え方も解説します。

星和電機さまとは、弊会がJICA NGO提案型プログラムの採択を受けて行う『京都SDGsラボ』の活動を通じて、ご縁をいただきました。
星和電機さまは『京都SDGsラボ』の本登録もしていただいており、これからもパートナーシップを強めていく予定です。

『京都SDGsラボ』について知りたい方は下のリンクから資料をご覧ください。


カードゲームでは、皆さんが終始楽しそうに参加してくださったのが印象的でした。


写真:カードを前に相談するチームの皆さん

ゲーム中は、

「お金があっても時間がない!!」


「そのプロジェクト、ください!」
「じゃあ〇〇円でどうや」

などなど、様々なやりとりが交わされていました。

中には早々に目標を達成して、他のチームの支援をするチームも。

写真:交渉の様子。

ゲーム終了後は、振り返りの時間をとり、感想を共有しました。

世界のバランスが取れていないとなかなか前に進めない、
目の前の目標を追っていて、何をするかの内容をあまり意識していなかった、などいろいろな意見が出ました。

最後に、栗田からSDGsやコンゴの状況について講演をおこないました。

写真:カードゲーム後の振り返り
今回実施したカードゲーム「2030SDGs」は、一般社団法人イマココラボが開発し、開催は、同法人が行う養成講座を受講・資格を得た公認ファシリテーターによるものです。

弊会では、2名の公認ファシリテーターが、企業や学校、自治体など向けにSDGsカードゲームの講師派遣を行っております。
参加者が大人数の場合は数回に分けて実施するなど、感染症対策にも配慮しながら実施しております。

SDGsの社内浸透や研修に特におすすめです。

ご相談・お問い合わせも受け付けております。
是非ご検討ください。

お問い合わせはこちら:kurita*terra-r.jp
(*を@に換えてください)

その他のブログを見る

  • facebook
  • twitter

お問い合わせはこちら

メニュー閉じる