平和教育・地雷・小型武器・子ども兵に取り組む認定NPO法人テラ・ルネッサンス

メニュー

テラ・ルネッサンス ブログ テラ・ルネッサンス ブログ


「私の仕事。 ~自分に何ができるだろうか~ 江角泰 編」vol.17

普段どんな仕事をしていますか?

こんにちは。アジア事業、カンボジア駐在代表をしている江角泰です。普段はカンボジアの北西部バッタンバン州の事務所か、バッタンバン州内のタイ国境にあるカムリエン郡のフィールド事務所に滞在しながら、活動しています。

年に4−5回、ラオスのシエンクアン県に出張しています。バッタンバン事務所では、主に現地スタッフとのミーティングや事業の進捗確認、報告書作成、会計作業などの事務作業をしています。

フィールドへ出張する際には、村人たちの家へ訪問してフォローアップをしたり、問題を抱えている世帯の家を訪問して、解決策を話し合ったり、農業専門家が実施する訓練の状況を確認したりしています。

泰さんは普段、どのような想いで業務にあたっていますか?

世界平和は決して一人でできることではありません。

でも自分が何かすることで、小さいかもしれませんが、

変化を起こす小さな一歩を踏み出すことができます。

 その小さな一歩がとても大切だと思っています。

 

小学生のときにいじめられた際に、

クラスメートがいじめられているのに「無関心」だった自分を反省しました。

また学校に来てくれるとは思っていませんでしたが、 

いじめられて不登校になっていた子の家に放課後通うようになり、

小学校を卒業するときに、また登校してくれるようになりました。

 

とても小さなことでしたが、自分が何か行動を起こしたことで、

思っても見なかった結果を目の当たりにしたときに、

小さな一歩を自分が踏み出すことの大切さを知りました。

 

カンボジアやラオスの田舎の小さな村で、

少しの変化を起こすことが、

本当に世界平和に繋がるのだろうかと思うときもあります。


でもその度に、自分の踏み出した小さな一歩がなければ、

何も始まらない、何も始まらなければ、何も変わらないという

いじめの問題があったときの自分の無関心さを思い起こします。

 

そして、小さな一歩を踏み出したことで、

思いがけなかった嬉しい変化があった経験は、

いつも絶望から小さな希望へ変えてくれます。 

 

小さなことでもその自分にできることをやっていく、

自分にできないことは他の人たちと協力し、

一人ひとりが自分にできる小さな一歩を踏み出すことが、

世界の平和をつくっていくことにつながると思っています。


私の大好きなテラ・ルネッサンスが大切にしている

「ひとり一人に未来をつくる力がある」という言葉は、

いつでも、どんなときでも、誰でも、どこでも

世界を平和にするための何かを始めることができることを

思い出させてくれます。

 

どこかの誰かがやってくれるのではなく、

世界平和をつくるのは自分自身からなのです。

------------------------

記事執筆/
アジア事業・カンボジア駐在代表/
江角 泰

その他のブログを見る

  • facebook
  • twitter

お問い合わせはこちら

メニュー閉じる