ウクライナ・コンゴ危機緊急支援にご協力ください。


  •  

■ 緊急支援にご協力ください - 寄付状況 -

 

スマートフォン用の画像

 

本緊急支援の呼びかけは、その他の寄付プラットフォームと併用して実施しています。
このため、本特設ページ内における寄付状況の金額メーターは上記を合算した進捗報告となります。

   



■ テラ・ルネッサンス創設者・鬼丸昌也から緊急メッセージ

   

■ ハンガリーからの最新情報!先遣隊スタッフが動画で配信

 

 今、ウクライナでは、ロシアによる軍事侵攻により、多くの市民が被害に遭い、難民として近隣国への避難を余儀なくされています。20年間、アジア・アフリカで紛争の被害を受けた人々の支援活動を続けてきたテラ・ルネッサンスにとって、ウクライナ危機は、とても他人事とは思えません。


紛争で直接的に被害を受けた人々。紛争が終わっても残る地雷や不発弾とその被害者。心や身体に傷を抱えながらも、生きていかねばならない彼ら・彼女らの、長い長い自立への道のり。


それを、このウクライナでの危機によって、新たにたどる人々がいると思うと、胸が苦しくなります。


「いのち」と「暮らし」を脅かされている人々に対し、テラ・ルネッサンスは何も行動を起こさなくていいのか?


はやる気持ちの一方で、私たちが支援するコンゴ民主共和国をはじめ、南スーダン、ミャンマー、アフガニスタン、イエメン、シリアなど、今なお紛争や武力衝突が続き、毎日のように多くの犠牲者が出ている国々のことが心をよぎります。



 

ウクライナ危機により脅かされている「いのち」を守りたい。

 

一方で、関心と支援が薄れていく世界各地の紛争により、危機がせまる「いのち」も、同じように大切にしたい。


揺れ動く様々な感情・葛藤を飲み込んだあと、見えてきたのは、「すべての生命が安心して生活できる社会(=世界平和)の実現」という、テラ・ルネッサンスが創設期から掲げるビジョンでした。


本気で、そのビジョンを願うならば、いま、まさに危機が迫る「いのち」を守るために、動くべきだ。動こう。そんな想いが、心の底から湧いてきました。


そこで、私たちは、紛争の被害を受けるすべての人々のことを想い、平和を願うすべての人々とともに、行動を起こし、声を上げることを決意しました。


◯テラ・ルネッサンスは、ウクライナ危機で「いのち」と「暮らし」を脅かされている人々の力となるために、現地にスタッフを派遣し、ハンガリーに避難しているウクライナ難民への緊急支援を実施します。


同時に、ウクライナ危機に国際的な関心が集まる中、関心と支援が薄れていく世界各地の紛争によって危機がせまる「いのち」にも、関心を向けてもらいたい。

そこで、特に、長きに渡る紛争で、多くの「いのち」が危険にさらされているコンゴ民主共和国での支援の必要性も訴えます。




紛争ではなく、平和を実現したい。いま、世界には、平和への切なる願いがあふれています。


テラ・ルネッサンスは、信じています。その願いを集めたら、世界平和は現実のものになると。


なぜならば、ひとりひとりの力は、微力かもしれませんが、無力ではない、からです。


この緊急支援を通じて、たくさんの人々の心にある「平和への願い」を結集し、ウクライナ難民の人々と、コンゴで紛争被害を受けている人々の「いのち」を守る。そして、争いだらけの世界を、誰もが安心して暮らせる世界に、根本から変えていける、と、私たちは信じています。そして、そのために行動を起こします。


活動へのご支援とご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。


認定NPO法人テラ・ルネッサンス
創設者 鬼丸 昌也
理事長 小川 真吾
スタッフ一同

   

※寄付の活用使途を選択いただけます

■ 以下の支援を実施します。記載のあるいずれかの寄付(募金)先を、お選びください。

 

▼ウクライナ難民への緊急支援(「誰ひとり取り残さない支援」を目指して)

対象地域

ハンガリー国内のウクライナ国境沿い地域、ウクライナ国内西部地域

対象者

ハンガリーに逃れてきているウクライナ難民・ウクライナ西部に逃れてきているウクライナ避難民のうち脆弱な人々、避難民を受け入れているウクライナ西部のホストコミュニティなど

支援期間

2022年3月~2023年3月(延長する可能性があります。)

事業内容

1)生活支援
◉食料・日用品の提供
◉炊き出し拠点(キッチンポイント)の整備
◉避難場所・倉庫の整備
◉子どもの教育・心理社会支援

2)CSCs(Cash for Social Contributions)~社会貢献型現金給付支援~※
◉炊き出し作業(週2回)
◉演劇の披露(難民の子どもたちへ)
◉支援物資を保管する倉庫等の清掃・整理作業
◉手工芸・伝統刺繍の製作
※CSCsとは?:対象者の主体性を最大限尊重し、その人にできる社会貢献(モノ作りやサービスの提供)の機会を提供し、現金を給付する支援。それにより当人の生活を支えるとともに、周囲の人々にモノやサービスを提供する支援のこと。上記を仕事として難民の方々に提供し、収入を得ていただく。

※支援内容はその時のニーズや状況によって、変わる可能性があります。


▼コンゴ民主共和国における紛争被害者への緊急支援

・対象地域:コンゴ民主共和国南キブ州/中央カサイ州
・対象者:国内避難民、紛争被害女性(性暴力被害者、寡婦など)、及び最貧困層住民
・事業内容:
1)食料や衛生用品等の物資の支援
2)住居の確保のサポート
3)医療機会の提供
4)就業機会の提供
5)その他必要に応じた緊急支援



▼テラ・ルネッサンスの活動全般

アジア・アフリカで紛争や災害の被害を受けたすべての人々への支援活動に大切に使わせていただきます。

テラ・ルネッサンスは、2014年に京都府より認定を受けた認定NPO法人です。ご寄付は、寄付金控除など税制上の優遇措置の対象となり、所得税・住民税など約40%の税額控除を受けることができます。

   

※寄付の活用使途を選択いただけます

■ なぜ、ハンガリーにスタッフを派遣するの?



 ウクライナと国境を接するハンガリーは、ポーランドに続き2番目にウクライナからの難民を受け入れている国です。(2022年3月14日時点:UNHCRより)


 政府が受け入れに積極的な姿勢を見せていることから、今後流入してくる難民の数が大幅に増える可能性があります。さらに、テラ・ルネッサンス理事長の小川が、青年海外協力隊としてハンガリーに赴任していたため、現地での国際協力活動実績および人脈があることから、同国での緊急支援を決めました。


ハンガリーで野球隊員として活動していた小川(写真中央)



コンゴで紛争被害にあった女性たちへ洋裁の技術訓練を行う様子

 また、テラ・ルネッサンスはこれまで、コンゴでの国内避難民への緊急支援、ウガンダ北部での南スーダン難民支援、そしてその後の自立支援まで一貫して実施してきた経験があります。その経験を活かし、まずは緊急人道支援を実施。その後は状況に応じて柔軟な支援活動を展開していきます。

■ なぜ、コンゴ民主共和国の紛争被害者を支援するの?


コンゴの子ども兵

 アフリカ中部に位置するコンゴ民主共和国は、アフリカ第二の面積を有する広大な草原とジャングルに覆われた自然豊かな国です。

 しかし、1998年以降の紛争によって、第二次世界大戦以降、世界で最も多くの死者(540万人以上)が発生し、推定3万人以上もの18歳未満の子どもたちが、兵士として戦わされてきました。また過去20年間に少なくとも20万人以上の女性が性的暴力に遭い、特に弊会が活動する東部地域では、そのような状況が今も続いています。

 現在、紛争の影響で100万人以上が難民として周辺諸国に逃れていますが、それを上回る560万人以上が、国内避難民として避難を余儀なくされています。(UNHCR)

金鉱山で働くコンゴの若者たち

 紛争の背景には、レアメタル(希少価値の高い鉱物資源)をはじめとする天然資源をめぐる近隣国及び先進国の権益争いがあります。例えば南キブ州には、携帯電話の部品として使用されている金やスズ、タンタルなどの鉱石資源が豊富にあり、これらの資源が不正に輸出され、武装勢力の資金源となっているのです。

 

■ 認定NPO法人テラ・ルネッサンスとは

『すべての生命が安心して生活できる社会(=世界平和)の実現』を目的に、2001年に鬼丸昌也によって設立。現在では、カンボジア・ラオスでの地雷や不発弾処理支援、地雷埋設地域の生活再建支援、ウガンダ・コンゴ・ブルンジでの元子ども兵の社会復帰支援をはじめ、難民や紛争被害者らへの支援を実施。また、日本国内では、平和教育(学校や企業向けの研修)や、岩手県大槌町で大槌刺し子を運営。

主な受賞歴:「地球倫理推進賞」(社団法人倫理研究所) 、「地球市民賞」(独立行政法人国際交流基金)、「エクセレントNPO」組織力賞ノミネート(エクセレントNPOを目指そう市民会議)、「社会貢献者表彰」(公益財団法人社会貢献支援財団)、「日経ソーシャルイニシアチブ」国際部門賞ファイナリスト(日本経済新聞社) 、「企業価値認定」(一般社団法人企業価値協会)、第4回ジャパンSDGsアワード副本部長(外務大臣)賞など。国連経済社会理事会特殊協議資格NGO。

 

■ メディアでもご紹介いただきました!(随時、取材受付中です)


NHKが掲載する「ウクライナへの支援や寄付 団体・連絡先まとめ」にて、テラ・ルネッサンスをご紹介いただきました。その他にも、多数のメディア掲載をいただいています。


● 2022.05.07[京都新聞]
物価高、高齢者や貧困層にしわ寄せ 京都のNPOが見たウクライナ避難民の現状とは

● 2022.05.03[NHK]
ウクライナ隣国で支援活動のNPO「避難長期化で自立支援必要」

● 2022.04.27[NHK]
ラジオ:マイあさ!田中孝宜のワールドアイ「ウクライナ援助の現場 必要なニーズは」

● 2022.04.23[西日本新聞]
「避難民の窮状に目を」ウクライナ支援NPO、基山町で報告会

● 2022.04.22[サガテレビ]
「1カ月間ハンガリーで活動 ウクライナ避難民支援の男性が報告会」

● 2022.04.15[読売新聞]
必要な支援、現地で調査

● 2022.04.08[RKB毎日放送]
「タダイマ!」ウクライナ支援の実態!ハンガリーからの中継

● 2022.04.04[RKB毎日放送]
「タダイマ!」ウクライナ国境で福岡の医師、佐賀のNGOスタッフも支援活動

● 2022.04.03[朝日新聞]
「ウクライナ難民の現状知って」京都のNPOが隣国から報告

● 2022.04.04[RKB毎日放送]
「タダイマ!」ウクライナ国境で福岡の医師、佐賀のNGOスタッフも支援活動

● 2022.04.03[NHK]
ウクライナへの支援や寄付 団体・連絡先まとめ

● 2022.03.16[京都新聞]
京のNPO 支援へ寄付募る、必要物資調査でスタッフ派遣 


■ 本件に関するご取材は、以下よりお問い合わせください。

認定NPO法人テラ・ルネッサンス 小田(おだ)

電 話:075-741-8786

メール:oda@@@terra-r.jp ※正しくは@を2つ削除

 

 

■ 銀行振込、郵便振込をお選びいただけます

テラ・ルネッサンスでは、『クレジットカード』『銀行振込』などのお振込窓口をご用意しています。銀行振込をご希望の場合は、下記の申し込みフォーム下部にある【 銀行振込 】を選択のうえお申し込みください。郵便振込(用紙)をご希望の際は、テラ・ルネッサンスまでお問い合わせください。( 京都事務局:075-741-8786 )


■ 新型コロナウイルスによる、寄付管理業務の一部遅延について

新型コロナウイルスの影響を受け、本部事務局(京都)における就業が原則リモートワークになっています。このため、ご寄付をいただいた皆さまへのお礼状等の発送業務、およびお問い合わせなど一部対応において遅延が見込まれる状況です。お手数をお掛けいたしますが、何卒ご理解をいただけますと幸いです。

■ あなたのメッセージをお寄せください

● 2022.5.4 (T・Kさん)
人間力での鬼丸さんのお話 久しぶりにお聞きして、魂が震えました!!!!!!!  本当に大事な気づきをありがとうございます!俺もできることからまずやって、仕事頑張って、また貢献できるようにします!!!!  皆さまの頑張りは必ず世界を変えているので、応援させていただきます!!! 

● 2022.5.4 (C・Hさん)
鬼丸さん、小川さん、ありがとうございます。僅かな金額ですが、支援させていただきます。

● 2022.5.3 (Y・Sさん)
この残虐な戦争が一刻も早く終わることを願っています。何の力もありませんが避難されている方を支援される京都のNPO法人さんを通じて気持ちだけでも届けていただければと思いました。全ての人が安全に暮らせる世界を私も願います。活動をしてくださってありがとうございます。どうぞよろしくお願い致します。

● 2022.5.2 (A・Kさん)
微力ですがお役に立てれば、うれしくです。

● 2022.5.2 (Y・Tさん)
鬼丸さん、いつも素敵なメッセージをありがとうございます。微力ながら寄付させていただきます。

● 2022.5.2 (S・Aさん)
現地でのご支援をありがとうございます。くれぐれも安全に留意して続けてください。みなさまの安全を心より祈念しております。

● 2022.5.1 (M・Oさん)
現地での情報をありがとうございます、いてもたってもいられない思いで寄付をさせて頂きます

● 2022.4.29 (K・Nさん)
大変かと思います。少しですが、ご支援よろしくお願いします。

● 2022.4.29 (T・Bさん)
佐々木さん、この度は現地でのご支援ご苦労様でした。何もできず申し訳ないですが、是非お話聞かせてください。微力ながら支援させたいただきます。

● 2022.4.29 (Y・Nさん)
活動報告はいつも拝見し、陰ながら応援しております。皆様のがんばりが、苦しんでいる人たちにとってどれだけの助けになっているか知れません。これからも頑張って下さい。

● 2022.4.29 (H・Oさん)
こんなことしかできません。早く笑顔が戻りますように。

● 2022.4.29 (O・Iさん)
ありがとう。ご苦労様です。

● 2022.4.29 (M・Kさん)
現地調査お疲れさまでした。

● 2022.4.29 (K・Oさん)
テラルネを応援することが私なりの平和への意思表示です。

● 2022.4.29 (M・Mさん)
素晴らしい活動をありがとうございます!応援しております。

● 2022.4.28 (A・Iさん)
鬼丸さん。今は、このような事でしか支援できませんが、お役立てください。

● 2022.4.25 (A・Mさん)
ウクライナの人たちへの支援が大事であることは当然としつつ、「ウクライナ支援」ばかりで盛り上がることに違和感を覚えています。ウクライナがヨーロッパだから?キリスト教徒だから?色が白いから? 他の必要な支援の継続も含めてほんと些少ですが役立ててください。

● 2022.4.24 (M・Sさん)
いつもFacebookを通じて啓蒙していただきありがとうございます。どうぞ体に気をつけてください。

● 2022.4.23 (S・Tさん)
今年もわずかですが、させていただきます

● 2022.4.23 (T・Sさん)
いつもご尽力ありがとうございます。応援しています!!

● 2022.4.23 (K・Sさん)
少ない金額ですがお役立て下さい。よろしくお願い致します。

● 2022.4.23 (F・Mさん)
社内で従業員より募ったものです。

● 2022.4.22 (R・Fさん)
宜しくお願い致します。

● 2022.4.22 (Y・Kさん)
一日も早く平和な世界にになりますように。

● 2022.4.21 (T・Oさん)
鬼丸昌也さま。一関市役所のOです。今回ウクライナを支援すると知り、大槌町の支援を決断したときのエピソードを思い出しました。ウクライナとコンゴのためにわずかばかりですけれども、ご協力させていただきます。

● 2022.4.20 (M・Yさん)
20周年記念プログラム見ました! 取り組みの4スタッフユニフォームは、ファンとしても欲しいなぁと(笑) 是非とも寄付メニューなどに加えて頂き、ファン用のTシャツやポロなんかを購入しながら応援みたいなのもご検討下さい!

● 2022.4.20 (M・Iさん)
僅かですが、ウクライナ、そして世界の希望のためにお役立てください。

● 2022.4.18 (K・Oさん)
戦争のない平和な世界を。ウクライナの方々に、安心できる日々が戻りますように。

● 2022.4.17 (K・Yさん)
応援しています。一人でも多くの仲間のために。

● 2022.4.17 (H・Iさん)
いつも、ありがとうございます。すべての生命が安心して暮らせる社会の実現に向けてご尽力する皆様のお姿に、勇気と希望をいただいております。微力なら『一歩』より寄付をさせていただきます。

● 2022.4.16 (E・Dさん)
微力ながら、応援しております!私も時期をみて会員になりたいと思います。

● 2022.4.16 (N・Sさん)
テラ・ルネサンスのメンバー様、今後尚一層のご守護ご加護あらんことを願っています。拝

● 2022.4.15 (S・Aさん)
役立て下さい

● 2022.4.15 (M・Sさん)
苦しんでいる人たちに少しでも笑顔と希望を・・・そのために少しでも役に立つなら。その人たちのために活動されている皆さんに感謝します。

● 2022.4.14 (W・Jさん)
この度は小川様にご登壇いただき、ありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

● 2022.4.13 (D・Yさん)
一人ひとりの命が大切にされる世界となることを祈り、行動します。

● 2022.4.12 (Y・Aさん)
いつも人材マネジメント部会でお世話になっています。マネ友(部会修了生)有志、幹事団、事務局から寸志ということでぜひご活用ください。また2023年1月に鬼丸さんにお越しいただけるのを楽しみにしています。

● 2022.4.11 (T・Sさん)
鬼丸様、いつもお世話になっております。RKK新潟のSです。先日、支教区で7日間の平和祈願のご供養をさせていただき、S個人として、「参加人数×100円の献金をする」という誓願をしました。その一部を寄付いたしました。参加者の願いがこもった献金ですので、ウクライナ支援にご活用頂ければ幸いです。応援しています!!一日も早い平和と安心が訪れますように…。

● 2022.4.10 (T・Aさん)
RANATAIL 坂本直樹さんに紹介してもらい活動を知りました。応援しています。

● 2022.4.10 (R・Aさん)
久保山義明さんに紹介いただきました。YouTubeでのご報告も拝見しました。微力ですが、少しずつ応援させてください。

● 2022.4.10 (Y・Sさん)
子ども兵のことを知ってとても衝撃的でした。少し役に立てればと思い募金させていただきます。

● 2022.4.9 (H・Hさん)
コンゴ、ウクライナ危機どちらも大変な状況かと思います。現状を知ること、寄付すること、できることをわたしもしたいです。少しでも平和な世界に近づきますように。

● 2022.4.8 (K・Dさん)
鬼丸さま、小川さま、ご連絡いただき、ありがとうございます。メール及びビデオメッセージ、遅ればせながら、本日拝見しました。吉田さまや佐々木さまが現地入りして活動してくださっているとのこと。頭が下がります。心ばかりですが、ウクライナ・コンゴでの活動のお役に立てば幸いです。皆様もどうぞお体に気をつけてください。平和を願っています。

● 2022.4.8 (T・Tさん)
原貫太氏の『あなたとSDGsをつなぐ「世界を正しく見る」習慣』を読んで、寄付することを決めました。少しですがお役立てください。

● 2022.4.8 (R・Wさん)
いつも応援しています。先日個人名で、寄付させて頂きました。今回は、店舗の方からの寄付を致します。少しですが、何かのお役に立てれば嬉しいです。皆さんお身体、お気を付けて頑張ってください。

● 2022.4.8 (Y・Uさん)
独裁者の理不尽な侵略により、避難、移動を余儀なくされているウクライナの方々への支援をよろしくお願いします。周りの人に呼びかけて、支援の輪を広げたいと思います。ネットワーク『地球村』の緊急人道支援もさせていただきましたが、国際医療NGO「AMDA」への支援だと思います。一日も早く侵攻が収まることを願っています。

● 2022.4.7 (Y・Sさん)
使途の選択には迷いましたが、ウクライナの支援をしたいという方は多いだろうと思い、私の寄付金は、コンゴのために使って頂くことにしました。私のささやかな寄付を生かして頂けて、とてもありがたく思っています。

● 2022.4.7 (Y・Nさん)
こんなことしかできませんが、役立ててください。

● 2022.4.7 (M・Oさん)
皆さんのが活動の苦労を思うと、少しですが、困っている方々に届けばうれしいです。どうぞお体ご自愛ください。

● 2022.4.7 (Y・Nさん)
微力ながら、困っている人々のためになればと思います。

● 2022.4.6 (K・Yさん)
小川さん、鬼丸さん、まいちゃん、くりちゃん。お久しぶりです。元インターンのKKです。微力ではございますが、コンゴ・ウクライナ支援に役に立てていただければと思います。海外での活動、色々と大変かと思いますが、健康・安全には気をつけてください。陰ながら応援しています。

● 2022.4.6 (T・Oさん)
小川真吾さんの小川苗字つながりて、少し感動しました。

● 2022.4.6 (K・Hさん)
ウクライナに行っていただきありがとうございます。確かな情報がないなか信頼できる情報と思い支援させていただきます。今後とも引き続きよろしくお願いいたします。

● 2022.4.6 (C・Sさん)
世界中の人々が安心して眠れる日々がはやくきますように。スタッフの皆様、危険な中、迅速に活動して下さり本当にありがとうございます。心から感謝しております。

● 2022.4.6 (T・Iさん)
なぜ、人は、このような争いをするのでしょうか・・・もちろんいろいろな理由はあります。長く続く争いの歴史に終止符を打つにはどうしたらいいのでしょうか・・・現地で活動されている方々に頭が下がる思いです。どうかお気をつけて活動されてください。

● 2022.4.6 (S・Kさん)
ウクライナ、コンゴの皆さんの安全な生活に役立ちますよう、少しですが寄付します。

● 2022.4.6 (A・Iさん)
鬼丸さんの活動、応援してます。ありがとうございます。

● 2022.4.5 (N・Iさん)
コロナ禍のお見舞い申し上げます。雪の降るウクライナの映像を見るたびに、使えそうな毛布などを送ろうかと思ったのですが、輸送費が発生するので、今はお金が一番役に立つのかなと思いました。少ない金額ですが、有効に使って頂けると幸いです。将来的には南での地雷除去のスキルがウクライナでも役立てば、素晴らしい活動になるのではないかと、素人ながら皆さんの活動に期待しています。冷静にOODAループを回して、無事に帰ってきてください。

● 2022.4.4 (M・Aさん)
4月1日の報告聞かせて頂きました。生のリポートに衝撃を受けました。1996年に旧ユーゴのボスニアに靴を届けた時のことを思い出しました。うちの信者さんからの「まごころ」です。取り急ぎ送らせて頂きます。ご活用下さい。鬼丸さん、ご無沙汰しています。お元気にご活躍のようですね。小川さん、トシャさんにもよろしくお伝え下さい。

● 2022.4.3 (Y・Iさん)
個人でも募金活動をしたいと思っています。コンゴのムクウェゲ医師や女性たちを支援したいです。いつか「鬼滅の刃」のブルーレイも贈りたい。低年齢むけではないのですが、励まされる内容です。

● 2022.4.2 (A・Mさん)
少しではありますが、ウクライナ・コンゴの方々を支援する助けになれば嬉しいです。よろしくお願いします。

● 2022.4.1 (N・Aさん)
ご活動に賛意を示し、微力ですが、支援させていただきます。また、多くの方に活動を知っていただけるよう、お伝えさせていただきます。共に平和を祈念させていただきます。

● 2022.4.1 (M・Hさん)
今日Zoomで吉田さんと佐々木さんの報告を聞かせていただきました。実際に現地にいる方のお話を聞けて良かったです。迅速に動いているテラルネッサンスさんをすごいと思いました。実際に動いている方を寄付で支えられるのは有難いです。これからも、支援を受け取りにくい人が支援を受けられるよう、またホストファミリーなど善意の人が支援を得られるよう、よろしくお願いします。

● 2022.4.1 (M・Kさん)
「微力を集めて勢力にする」という言葉が響きました。少ない額ですが、お役立てください。

● 2022.4.1 (Y・Kさん)
私たちができないことに、ご尽力いただきありがとうございます。私も日々できることを努力していきます。貴重なお時間をいただきありがとうございました!

● 2022.4.1 (N・Aさん)
少しでもお役にたてましたら幸いです。

● 2022.4.1 (S・Iさん)
大変な日々が続きますが、皆さんが健康でありますように

● 2022.3.28 (Y・Oさん)
世界が平和になり、子供達が幸せに暮らせる世界に!NPO法人 テラ・ルネッサンスの活動がいつかきっと大きな実りになりますように。

● 2022.3.27 (I・Sさん)
鬼丸さんの講演を聞き、感銘を受けました。微力ですが無力じゃないことを信じて、少しずつ自分に出来ることを探して行動しようと思います。世界中から戦争が無くなり、皆が幸せに暮らせる地球になる事を祈ってます。これからも応援させて頂きます。本当にありがとうございました。

● 2022.3.26 (A・Sさん)
早くこの様なことが終わることを願っております。どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

● 2022.3.26 (M・Nさん)
大槌でお会いした吉田さんがブダペストにいらっしゃる動画を観て、大変な所へ真っ先に飛んで行ってくれる方々の存在の有り難さを実感しました。少しですが寄付で応援します。どうかご無事で活動されますように。

● 2022.3.26 (M・Sさん)
社会人として会社に勤めながら写真家もさせていただいています。高校生の時にガーナの児童労働と教育問題について調べたことをきっかけに、ずっと心のどこかで世界中に日々苦しむ子どもたちがいることが忘れられずにいました。その後NPO法人を通して寄付をすることで力になれたらと、寄付等してきましたが、今はそれに加えて私自身が現地に足を運び現状を写真に収めたい、その写真で子どもたちのことをより多くの人に伝えられたらという思いが強くなりました。初めて私が世界の子どもたちに興味を抱くきっかけとなったアフリカに行き、自分の目で見て私の写真という能力を活かしながら子どもたちのための活動をすることが今の目標です。そして、そう考えた時に鬼丸昌也氏のことを知り、まずは既にそういった活動をされている方の力になることからという思いで今回寄付をさせていただきたいです。貴重なお時間を割いて、ご拝読いただきありがとうございます。

● 2022.3.26 (H・Dさん)
応援させて頂いております!

● 2022.3.24 (R・Yさん)
ウクライナでの戦争は本当に衝撃的で世界中の注目が集まっていますが、鬼丸さんのメッセージにあるとおり世界には支援が必要な地域が他にも多数あり、さらに今回のウクライナ侵攻がそのような地域にも食料危機や、燃料、食料の価格高騰でさらにダメージを与えるであろうことを考えると暗澹たる思いになります。実際に現地で活動してくださる皆様に感謝いたします。少しでも多くの方に支援が届きますよう活動にお役立ていただけますと幸いです。

● 2022.3.24 (T・Yさん)
今回はウクライナ支援にさせていただきます。窓口になっていただき、ありがとうございます。

● 2022.3.24 (H・Mさん)
信じられる方に、思いを託します。少しでもお役に立てれば、嬉しいです。

● 2022.3.24 (S・Aさん)
愛に溢れ平和でしあわせな地球にしたいという気持ちをテラルネさんはいつもすぐに行動に移してくださって感謝しています。ありがとうございます。

● 2022.3.23 (K・Mさん)
先日、あやかさんにブルンジの支援についてお話をしていただく中で自分達にできる支援についてお話をいただきました。お話いただいたこともあり、校内で支援を募りましたのでその分を送金させていただきたいと思います。

● 2022.3.23 (M・Kさん)
微力だが無力でない、私の背中を押してくれる言葉です。

● 2022.3.23 (F・Sさん)
少しですが、気持ちだけでもお伝えしたいと思います。時間が経つほど避難者の方々の心身の状況が辛さを増していくのが心配です。できるだけたくさんの支援が集まることをお祈りしています。

● 2022.3.22 (T・Sさん)
純徹くん、どうか身体に気をつけて頑張ってください。

● 2022.3.22 (K・Sさん)
純徹、がんばれ!

● 2022.3.22 (R・Hさん)
返信を確認しました。親切な対応をありがとうございます。こちらの方に微々たる額ですが寄付します

● 2022.3.22 (S・Iさん)
いつもありがとうございます。よろしくお願いいたします。

● 2022.3.22 (Y・Mさん)
鬼丸昌也さま  緊急メッセージ拝見しました。いつもは5千円寄附ですがウクライナに5千円、コンゴに5千円、合計1万円の寄附をクレジット決済で寄附いたします。テラ・ルネサンスの活動をこれからも微力ですが支援して参ります。

● 2022.3.21 (Y・Kさん)
母との共同で寄付させていただきます。母はマンスリー会員としても寄付させていただいており、今回は特にウクライナへの支援を希望しているため、用途はそちらを選ばせていただきました。とはいえ、「これを機に他の国々の命にも目を向けてほしい」という想いはしっかり伝わっており、想いを同じくしております。崩れ去った人々のいとなみが少しでも早く回復することを祈って。

● 2022.3.21 (A・Bさん)
アフリカ大湖地域の現状をもっと多くの人に関心を持ってもらいたいです。応援してます。

● 2022.3.20 (K・Sさん)
先ずは派遣したスタッフの安心安全をお祈りします。1年を通じ物品販売の売上の一部を寄付する活動を行ってきました。寄付先選定中に今回の事が起り、ウクライナへの支援を決定しました。少額でありますが、現地スタッフと戦争被害者の微力になる事を望みます。

● 2022.3.20 (T・Uさん)
ウクライナへの寄付をしたかったが、それを正しく使用する機関が分からず躊躇していたところ、JICAに務める友人から貴法人は信頼出来ると教えて頂いた。

● 2022.3.20 (M・Yさん)
少しでもお役に立てれば

● 2022.3.20 (S・Sさん)
映画「ムクウェゲ 女性にとって世界最悪の場所で闘う医師」を見てきました。ロシアのウクライナ侵攻が激しさを増す中、平和を祈る気持ちがコンゴ紛争禍で苦しむ人々の上にも忘れ去られることなく同じように届いてほしいと、僅かではございますが寄付させていただきます。

● 2022.3.20 (S・Mさん)
ウクライナ、コンゴに5,000円ずつ寄付させていただきます。お身体にお気を付けて。ご活動、感謝いたします。

● 2022.3.18 (I・Iさん)
テラルネッサンスの緊急支援のご趣旨に賛同いたします。微力だけど無力ではないと信じて。応援しています。

● 2022.3.18 (M・Hさん)
少しですが、何卒よろしくお願いします。

● 2022.3.18 (A・Mさん)
申し訳ありません。このような協力しかできませんが、ぜひよろしくお願いいたします。

● 2022.3.18 (T・Hさん)
ウクライナ支援に...と思ったのですが、活動全般への寄付の方が自由度の高い使い方ができるので、こちらの方のメニューで寄付させていただきます。

● 2022.3.18 (A・Yさん)
一刻も早く世界の平和へ向けてみんなが協力し合えるように、何かできればと思います。

● 2022.3.18 (A・Pさん)
いつもありがとうございます!応援しております!

● 2022.3.17 (T・Iさん)
吉田さん、日本より応援しています。

● 2022.3.17 (K・Tさん)
世界平和を切に願っています。

● 2022.3.17 (N・Tさん)
お世話になっております。元インターンのT口です。微力ではございますが、どうぞお役立てください。日々の報道を受け自身の無力さを痛感している中、テラルネが緊急支援を始めたことを知りました。困難な状況にもかかわらず、テラルネが目指す社会に向かって進もうとしてい姿は、私の見本であり勇気を与えてくれます。大変な状況ではありますが、お体にお気をつけてお過ごし下さい。また皆さんとご一緒できることを楽しみにしております。

● 2022.3.17 (K・Yさん)
鬼丸さん,ご無沙汰しています。あれから何年も経ちましたが,相変わらずの情熱ある活動,素晴らしいです。少ないですが,寄付をさせていただきます。

● 2022.3.17 (A・Sさん)
微力ではあるが無力ではないと思いつつ、まだ行動に移せていなかったので、こうしてテラルネッサンスで寄付の機会を頂けることに感謝です。今日がまさに派遣出発の日、どうぞよろしくお願いします。私の祈りも届きますように。

● 2022.3.17 (Y・Nさん)
忘れられた紛争への支援を喚起していただきありがとうございます。

● 2022.3.17 (R・Tさん)
スタッフの方、気をつけつつ、お願い致します。微力でも無力じゃない。想っております。

● 2022.3.16 (E・Iさん)
鬼丸さん、頑張ってください!応援しています。

● 2022.3.16 (N・Kさん)
テラ・ルネッサンスの行動力に敬服。新たな支援活動を応援させていただきます!

● 2022.3.16 (T・Kさん)
ウクライナとコンゴの命に違いはありません。今ウクライナのことで世界が注目している機会に、世界にはまだまだ紛争によって苦しんでいる人が多くいることを伝えたいと思います。その事に気づかせていただきました。少しでもお役にたてれば幸いです。お気を付けください。

● 2022.3.16 (S・Yさん)
よろしくお願い申し上げます!

● 2022.3.16 (Y・Iさん)
お便りを頂きましてありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。こちらからは 祈りを重ねさせて頂きます。

● 2022.3.16 (H・Oさん)
ご活動に敬意を表します。みなさん、お体を大切になさってください。

● 2022.3.16 (N・Eさん)
認定NPO法人テラ・ルネッサンス創設者 鬼丸 昌也 様、運営スタッフの皆様。いつも素晴らしい支援活動をされているのを心から尊敬申し上げます。微力ではございますが、支援させて頂きたく思います。皆様の活動が素晴らしい結果になりますよう、お祈り申し上げます。

● 2022.3.16 (H・Uさん)
いつもお世話になっております。微力ながらご支援させて頂きます。鬼丸様、テラ・ルネッサンスのスタッフの皆様、宜しくお願いいたします。

● 2022.3.16 (N・Kさん)
いつもありがとうございます。微力ではありますが、少しでも平和のためにお役立ちできたら幸いです。

● 2022.3.16 (Y・Kさん)
世界の人々が平和に暮らせますようにお祈りしてます。

● 2022.3.16 (M・Nさん)
毎日ウクライナに関するニュースを見て、自分に何かできないかと思っていたところです。実際に現地に行かれるお二人の勇気と行動力が素晴らしいと思いますし、微力ながら、ぜひ応援させていただきたいです。被害者がこれ以上増えないこと、お二人が安全に調査に努められることを心から祈っています。

● 2022.3.16 (M・Oさん)
ウクライナ避難民の方々の支援よろしくお願いします。

● 2022.3.16 (K・Aさん)
いつも活動に勇気づけられています。皆さんの健康や安全に気をつけて頑張ってください!

● 2022.3.16 (Y・Oさん)
鬼丸さん及びテラ・ルネッサンスのみなさまの決意を、微力ながら応援します。悩み抜いた末に、このような行動に出ていただいて、本当にありがとうございます。

● 2022.3.16 (R・Kさん)
いつもお世話になっております。Kです。今回、個人での寄付をさせていただきます。僅かではありますが、現地での活動にお役立てください。

● 2022.3.16 (T・Cさん)
現地でなければ分からない事が多くあると思います。ハンガリーに行かれるスタッフのご無事を祈っています。

● 2022.3.16 (S・Uさん)
いつもご活躍を拝見しております。なかなか応援できなくて申し訳ありません。もっと支援できるようにコロナに負けずに頑張ります。がんばってください。

● 2022.3.16 (F・Iさん)
紛争のない世の中になりますよう。今は大変でしょうが、頑張り抜いてください。必ず未来は開かれます。希望をすてないで

● 2022.3.16 (T・Fさん)
緊急支援プロジェクト立ち上げてくださり、ありがとうございます。日々この半年学んできたことが、現実世界で起き、何もできない自分と学問の限界をかんじとても悔しかったです。しかし、私がテラルネで学んだ価値観こそ今の世界の希望だとも感じてます。募金キャンペーン、大変だと思いますが、どうかみなさま、お身体にはお気をつけください。また、小川さん、まいさん、じゅんてつさんの安全をお祈りしております。私もヨーロッパにおりますので、お力になれることが有りましたら、是非お手伝いさせてください。

● 2022.3.16 (Y・Sさん)
これからもどんな事で世界に貢献出来るのかご教授下さい

● 2022.3.16 (K・Iさん)
ウクライナはもちろん、これまで支援しているところも引き続きというテラ・ルネッサンスさんのスタンスにとても共感しました。

● 2022.3.16 (Y・Sさん)
鬼丸さん、テラ・ルネッサンスの皆さん、よろしくお願いいたします。

● 2022.3.16 (K・Iさん)
争いの無い平和を地球も一番喜びますよね。私はその為に生まれましたよって。皆さんの健康と安全が守られますように。私も北海道で頑張ります。

● 2022.3.16 (C・Nさん)
お疲れのないよう、お体いたわっていただきながら、息の長い活動をお願いいたします、

● 2022.3.16 (K・Sさん)
いつもありがとうございます!微力ですが、応援させて下さい。宜しくお願い致します。

● 2022.3.16 (N・Nさん)
自分でも何かできないかと思っていたところにご連絡をいただきありがとうございました。現地で困られている子供やお年寄りの力に少しでもなっていただけるといいなと思っています。新型コロナもまだ収束していない中です。現地で支援活動をされるスタッフの皆様の健康と安全を心より祈っております。

● 2022.3.16 (K・Nさん)
世界平和を願い、気持ちばかりですが、ご寄付いたします

● 2022.3.16 (K・Hさん)
いつもありがとうございます。

● 2022.3.16 (R・Sさん)
ウクライナへの軍事侵攻に対して何か支援ができないかと思っていたところに、このような機会を頂けてとても嬉しく思っております。微力ではありますが、僕も応援させて頂きます。いつも有難うございます!

● 2022.3.16 (K・Yさん)
従業員全員からの支援です。

● 2022.3.16 (Y・Sさん)
ご無沙汰しています。バドミントンの須田です。今年こそ、チャリティバドミントン大会を再開できますように。コロナが収まってくれたら秋に企画したいと思います。

● 2022.3.16 (Y・Eさん)
いつもテラ・ルネッサンスの貴重な活動を拝見しておりますが、特にこの度のウクライナ支援の迅速なご対応には、驚くと共に強く賛同します。何かできないものかと考えていたところなので、ささやかですが応援させてください。少しでも早く世の中に平和がもたらされることを、そして現地に赴かれるスタッフの方も何事もなく活動されますよう、お祈りしております。

● 2022.3.15 (M・Mさん)
小川さん、勝手知ったるハンガリーの地ではありますが、くれぐれも気をつけてご活躍ください。

● 2022.3.15 (I・Nさん)
胸が痛む今のこの事態に対して、既に後期高齢者の私に支援できることと言えば、少しのお金を寄付することだけです。そんな私に代わって、実のある活動をして頂く皆様に感謝いたします。

● 2022.3.15 (M・Tさん)
連日のニュースに胸を痛めていても、何をどうしてよいのかもわからずにいました。夫婦で寄付先の選定などで話し合っているところでした。EMSでご一緒した泰さんや鬼丸さんのいらっしゃるテラ・ルネッサンス様のご活動は、日ごろから尊敬していましたので、少額ですができることから始めます。こんなことしかできずに心苦しいですが、皆さまの尊いご活動を支援することが、すこしでも困っていらっしゃる方々の救いにつながりますように祈っております。

● 2022.3.15 (M・Nさん)
心より世界の平和を祈念しております。

● 2022.3.15 (K・Kさん)
子供達が安心して生きられる日が一日も早く来る事を、心から祈ります!

● 2022.3.15 (S・Uさん)
鬼丸様、ご無沙汰しております。ここ数年、会報の閲覧のみで活動に参加できずに申し訳ありません。年金生活に入り、環境NPO活動や創作活動の繁忙も重なって、時間的かつ経済的余裕がなく失礼ばかりしておりましたが、今回のウクライナの惨状・ロシアの横暴は到底見過ごすことはできません。無力の身ですので京都への避難民支援の機会を待つしかないかと思っておりましたが、テラ・ルネの方がご支援に行って下さるのなら有難いです。僅かで恐縮ですが、寄付させていただきます。よろしくお願いいたします。

● 2022.3.15 (S・Hさん)
少額ですみません。少しでも早く平和が訪れることを願っています。

● 2022.3.15 (M・Mさん)
鬼丸様より、支援のメールを頂き、嬉しく思います。この悲しい戦争において、テラ・ルネッサンスのファンクラブ会員として、何かできないものかと考えていました。組織が動いて下さって、心強いです。しかしどうか、派遣で支援に向かわれる皆様、安全の確保を第一になさって下さい。こちらも経済的に苦しい状況で、多額の寄付ができずにすみません。せめてもの気持ちだけですが、どうぞ宜しくお願い致します。

● 2022.3.15 (M・Mさん)
今回は、ウクライナとコンゴの共同の支援の窓口を作ってくださり、ありがとうございます。ウクライナの方へも思いやりながら、これまでと変わらず日頃から支援されているコンゴのことについても伝えていくこと、支援を呼びかけることをしてくださったことに、勇気をいただきました。ささやかな支援となり恐れ入りますが、今後もご活動を応援しています。

● 2022.3.15 (S・Fさん)
応援しています。

● 2022.3.15 (H・Yさん)
鬼丸様、小川様、お世話になっております。Yです。少ないですが、役に立ててください。

● 2022.3.15 (T・Nさん)
あちこちから寄付の要請があり、たくさんの寄付はできませんが、お許しください。いつも目に見える形で活動されていることに敬意を表します。

● 2022.3.15 (M・Mさん)
ウクライナの情勢をしっても、何もできない私ですが、寄付だけでもしたいと考えておりました。信頼のおける団体を探していました。宜しくお願い致します。

● 2022.3.15 (C・Yさん)
ニュースを見るのが辛くて仕方ありません。わずかばかりですがお役に立てれば嬉しいです。皆様、お体に気をつけて活動なさってください。

● 2022.3.15 (T・Aさん)
いつも応援しています!

● 2022.3.15 (Y・Hさん)
微力ながらも、力になれたらと思います。1日でも早く平和を取り戻せますように。人類皆兄弟。We Are The World

● 2022.3.15 (H・Fさん)
がんばって!

● 2022.3.15 (Y・Kさん)
気持ちばかりですが、戦争のない平和な世界への祈りを込めます

● 2022.3.15 (T・Mさん)
こんなことしかできませんが、何かお役にたてることがあるのならばと思い寄付させていただきます。平和な地球社会をお祈りしております。

● 2022.3.15 (S・Eさん)
寄付ぐらいしかできませんのでよろしくおねがいします

● 2022.3.15 (H・Kさん)
同僚のS・Kさんから託されました。

● 2022.3.15 (K・Oさん)
先日、ハンガリー(ブタペスト在住)の方とお話しをする機会がありました。市内でもウクライナ避難してきた子供たちの学校の問題等いろいろあるようです。ハンガリーに2名の方が行かれるとのこと。よろしくお願いいたします

● 2022.3.15 (E・Iさん)
微力ではありますが、支援させていただきます。たくさんの人の思いが集まれば、素晴らしい世界になると思います。いつも素敵な活動をありがとうございます。

● 2022.3.15 (Y・Aさん)
平和を。

● 2022.3.15 (N・Fさん)
どうぞご活躍ください。

● 2022.3.15 (K・Kさん)
鬼丸さんに教えていただきました。少額ですが、少しでもお役に立てればと思います。

● 2022.3.15 (D・Nさん)
テラルネッサンス様、このような機会をいただき、誠にありがとうございます!

● 2022.3.15 (O・Mさん)
鬼丸さん、並びにテラ・ルネッサンスの皆さん、この世界的な人道危機に立ち上がられたこと、心より敬意を表します。また、寄付という形で私にもできることがあると伝えて下さり、感謝しています。

● 2022.3.15 (T・Aさん)
鬼丸さん、テラ・ルネッサンスの皆さんに託します。私は直接的な支援はできないけど、心をいためる毎日です。わずかで申し訳ありませんが、お役立てください。よろしくお願いします!

● 2022.3.15 (N・Tさん)
ウクライナの方々の支援に立ち上がってくださり、ありがとうございます。現地の様子、報道を見て涙することしかできませんでした。テラルネッサンス、小川さんが隣国のハンガリーにご縁あるということで、とても心強く思います。避難される方々もたくさんおらるでしょうから、きっとこの支援が実を結びますね。現地に赴かれる皆様もどうぞお気をつけて。活動のご安全とハンガリーの地で生活される皆様のご健康をお祈りいたします。

 

■ 最新情報をみる

メニュー閉じる