認定NPO法人テラ・ルネッサンスのイベント|テラスタイル

メニュー

新着情報 新着情報


【オンライン】【8/5(水)】 第86回 テラ・スタイル東京(テラ・ルネッサンス活動説明会)

【オンライン】【8/5(水)】第86回テラ・スタイル東京(テラ・ルネッサンス活動説明会)


 

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー◆

【8/5(水):第86回 テラ・スタイル東京)

  

コンゴの紛争資源問題と新型コロナの影響  

 

講師:華井和代さん

東京大学未来ビジョン研究センター講師/NPO法人RITA-Congo共同代表

 

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー◆

鉱物資源の採掘の様子(コンゴ東部 撮影:テラ・ルネッサンス)
   

第二次世界大戦以降、世界各地で起きた地域紛争で、最も紛争によって命が奪われたのが、
コンゴ民主共和国での内戦(紛争)だと言われています。

二度の大きな紛争と、その後も継続的に続く武装勢力による襲撃・戦闘などで失われた「いのち」は、
一説によると約540万人。

長く続く、コンゴでの紛争、それによって引き起こされる人権侵害の背景にあるのが、
この国に豊富に眠る鉱物資源。鉱物資源の権益を誰が握るのか、
そのために争いが長く続いていてきたと言えるのです。



武装勢力の被害を受けた村の様子(コンゴ東部 2014年 撮影:テラ・ルネッサンス)



そして、それらは、巡りめぐって私たちが日ごろ使う、
パソコンやスマートフォンなどの電子機器などに使われているものだという[事実]。

 

私たちの[暮らし]と無関係ではない[コンゴ(特に東部地域)の紛争と人権問題]に対して、
日本に暮らす私たちに何ができるのか。



その問いに、ひとつのヒントを示してくださるのが、
今回、テラ・スタイル東京にご出演くださる[華井和代さん(
東京大学未来ビジョン研究センター講師)]です。


 

学生時代に、パレスチナ自治区を訪問。その時に「現場での支援活動と同時に、
紛争の背景にある”つながり”を理解し、社会構造を変化させることが大切」と強く感じた華井さん。
その後、コンゴ東部の紛争、その背景にある紛争鉱物、消費者の社会的責任などについて、研究を重ねてこられました。

また、ノーベル平和賞受賞者であるデニ・ムクウェゲ医師と、
彼が運営するパンジ病院を支援し、コンゴ紛争と紛争鉱物問題について、
日本国内の人々などに働きかけるNPOを設立。
コンゴの人々と、彼らが抱える課題に向き合う[実践者]としても活躍されています。




2007年から、コンゴ(東部・中央部)で、元子ども兵や性的暴力を受けた女性たち、
いわゆる紛争被害者の自立支援を続けているテラ・ルネッサンス。



◆テラ・ルネッサンスのコンゴ民主共和国での取り組み

 http://www.terra-r.jp/activity_congo.html



テラ・ルネッサンスが、コンゴの人々ともに目指す「平和」を実現するためにも、
[なぜ紛争が続くのか][紛争を止めるために、私たちに何ができるのか]を、
華井さんの講演と質疑応答を通じて、皆さんと共に探って行きます。

    

[第1部]講演:資源問題の正義−コンゴの紛争資源問題と消費者の責任−

[第2部]対談・質疑応答:コンゴの紛争・人権問題に私たちができることがある

 

 

■ イベント開催概要 

日 程

2020年8月5日(水)

時 間

19:00 - 21:00  

定 員 500名
参加費

無料

会 場

オンライン

参加申込後、当日配信に利用するZOOMのリンクをメールにて送信いたします。

*当日、時間になりましたら、そのリンクをクリックして、ご参加ください。

申し込み

主 催 認定NPO法人テラ・ルネッサンス
運 営

チーム テラ・スタイル東京

 

 



■ 講師プロフィール

出演者プロフィール 

華井和代(はない・かずよ)

東京大学 未来ビジョン研究センター 講師/NPO法人RITA-Congo共同代表。筑波大学人文学類卒(歴史学)、同大学院教育研究科修士課程修了(教育学修士)。成城学園中学校高等学校での教師を経て、東京大学公共政策大学院専門職学位課程修了(国際公共政策学修士)、同大学院新領域創成科学研究科博士課程修了(国際協力学博士)。東京大学公共政策大学院特任助教を経て2018年4月より現職。コンゴの紛争資源問題と日本の消費者市民社会のつながりを研究。同時に、元高校教師の経験を生かして平和教育教材を開発・実践している。主著は『資源問題の正義―コンゴの紛争資源問題と消費者の責任』(東信堂、2016年)。

出演者プロフィール 

鬼丸昌也(おにまるまさや)

特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス理事・創設者。
1979年、福岡県生まれ。立命館大学法学部卒。高校在学中にアリヤラトネ博士(サルボダヤ運動創始者/スリランカ)と出逢い、『すべての人に未来をつくりだす能力がある』と教えられる。2001年、初めてカンボジアを訪れ、地雷被害の現状を知り、「すべての活動はまず『伝える』ことから」と講演活動を始める。同年10月、大学在学中に「全ての生命が安心して生活できる社会の実現」をめざす「テラ・ルネッサンス」設立。2002年、(社)日本青年会議所人間力大賞受賞。地雷、子ども兵や平和問題を伝える講演活動は、学校、企業、行政などで年100回以上。遠い国の話を身近に感じさせ、一人ひとりに未来をつくる能力があると訴えかける講演に共感が広がっている。

 

【著書】 

『ぼくは13 歳 職業、兵士』 合同出版 2005年

『こうして僕は世界を変えるために一歩を踏み出した』 こう書房 2008年

『僕が学んだゼロから始める世界の変え方』 扶桑社 2014年

『平和をつくるを仕事にする』 筑摩書房 2018年



 

●今すぐこの問題を支援する(一日約30円から支援)

 → https://www.terra-r.jp/fclp_01.html

今後のイベント開催予定

毎月1回、東京都内で開催している活動説明会イベント、テラ・スタイル東京の今後の開催スケジュールを掲載しています。随時更新予定ですので、詳細をご覧ください。


■ 次回のイベント開催概要 

日 程

2020年9月

講 師

調整中

時 間

準備中

定 員 準備中 
参加費 準備中
会 場

未定

申し込み

準備中

その他の記事を見る

  • facebook
  • twitter

お問い合わせはこちら

メニュー閉じる