認定NPO法人テラ・ルネッサンスのイベント|テラスタイル東京

メニュー

新着情報 新着情報


【 7/30(土) 東京 】ウクライナ・コンゴ危機・帰国報告会(第104回 テラスタイル東京)

テラ・ルネッサンスは、ロシアの軍事侵攻を逃れて隣国ハンガリーへ避難したウクライナ難民と、いまなおウクライナ西部に留まる国内避難民の方へ緊急支援を行っています。
  
3月17日にハンガリーへスタッフ2名を派遣、また、3月下旬にはアフリカより理事長の小川が合流し、ウクライナから逃れてくる難民に対し現地パートナーの協力を得ながら、ニーズ調査および生活物資の支援などを行ってきました。
 

ウクライナ難民緊急支援のため、現地で活動する理事長の小川
 

また、今回のウクライナ危機に応じ、同じく紛争被害に苦しむアフリカ・コンゴ民主共和国の活動についても、皆様へ支援の呼びかけを行っています。

ウクライナでの緊急支援、そしてアフリカにおける支援活動に取り組んできた理事長の小川が、この度、日本に帰国することになりました。小川の帰国に際し、活動報告をお伝えするイベントを開催いたします。

 

アフリカ・コンゴで支援活動に取り組む小川。

ウクライナ・コンゴ危機、紛争の実情と平和への展望が同居する支援現場に立ち続ける小川は、いま何を考えているのか?世界平和のために、いま、“本当に必要なこととは何か?

危機の最中にあるウクライナ、そしてアフリカで支援を届けてきた小川の “生の声” をお届けします。ぜひご参加ください!
 

■ イベント開催概要 (オンライン配信あり)

日 程

2022年7月30日(土)

時 間

13:30 - 15:00 

定 員 25名(先着順)
参加費

無料

会 場

株式会社FISソリューションズ (オンライン配信あり、備考欄に記載)

住 所

〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-26一ツ橋ビル2階

地 図

https://goo.gl/maps/ZLWrH4rfiixxGFoj6

申し込み

協 力 株式会社FISソリューションズ
備 考

当日、対面開催のほかオンライン配信を予定しています。遠方の方でもご参加いただけますので、お申し込みフォームよりご希望の参加方法を選択のうえ、お申し込みください。

なお、当日は新聞などメディア取材が入る場合がありますので、予めご了承ください。

 

 
■ 登壇者

プロフィール 

●小川 真吾(おがわ しんご)/テラ・ルネッサンス 理事長

1975年和歌山県生まれ。学生時代、カルカッタでマザーテレサの臨終に遭遇、マザーテレサの施設でボランティア活動に参加。大学卒業後は、青年海外協力隊員としてハンガリーに派遣、旧ユーゴ諸国とのスポーツを通した平和親善活動などに取り組む。2005年より、ウガンダに駐在し、元子ども兵社会復帰支援プロジェクトを実施。帰国後、2011年3月より、テラ・ルネッサンス理事長に就任。現在は、ウガンダ、コンゴ、ブルンジでの元子ども兵や紛争被害者の自立支援に関わりながら、理事長として、テラ・ルネッサンス全般の経営を担う。著書に『ぼくは13歳 職業、兵士。』(合同出版)、『ウガンダを知るための53章』(明石書店)がある。

 

メディアの皆様の取材により、たくさんの関心をお寄せいただいています。

2022.07.02 TBS 「報道特集」『“空白地帯”の避難民は今』

2022.06.08 秋田魁新報 ウクライナ難民の力に 秋田海陸運送などNPOへ122万円寄付

2022.05.26 NHK ウクライナで支援活動のNPOスタッフ“避難者急増で物価高騰”

2022.04.15 読売新聞 必要な支援、現地で調査
2022.04.08 RKB毎日放送「タダイマ!」ウクライナ支援の実態!ハンガリーからの中継

2022.03.16 京都新聞 京のNPO 支援へ寄付募る、必要物資調査でスタッフ派遣 
ほか多数

 

ウクライナ・コンゴ危機緊急支援に、ご協力ください。

 
テラ・ルネッサンスは、「いま」、「平和への願い」を結集し、「いのち」を守るために、ウクライナ・コンゴ危機緊急支援を実施しています。

「すべての生命が安心して生活できる社会(=世界平和)の実現」。 

―テラ・ルネッサンスのビジョン(設立目的)です。

ウクライナ危機に関する連日の報道を受け、「世界平和を目指す私達が、ウクライナの危機に行動しなくていいのか?」「しかし、私たちの活動地でもやるべきことがある。」と、自問する日々が続きました。
 
世界平和を使命とする私たちとして、ウクライナで危機にある「いのち」を守りたい。 そして、国際的な関心が集まる今こそ、他地域の「平和」についても、皆さまと共に考え、行動したい。 これらの想いをあわせて、ウクライナ難民の方への緊急支援と同時に、コンゴ民の危機についても支援の必要性を訴える決断をしました。
 
平和への願いを、いま世界中の人が持っています。 今こそ、「平和への願い」を結集させ、「いのち」を守ることができる。争いのない世界へ、社会を根本から変えていける、と、私たちは確信しています。

皆さまのご支援とご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。 スタッフ一同より


 
 

その他の記事を見る

  • facebook
  • twitter

お問い合わせはこちら

メニュー閉じる