コロナ禍のアフリカで困難に直面する元子ども兵、彼女たちが教えてくれた命の灯火とは…


  •  

■ 冬の感謝月間 - 寄付状況 -

 

スマートフォン用の画像

 

   


外部サイト「ふるさとチョイス」へ移動します

 

 

 

■ テラ・ルネッサンスを応援してくださる皆さまへ、大切なお知らせ ( 2021.1.31 時点 )

 

日頃から私たちの活動を応援いただき、誠にありがとうございます。ご支援いただく皆さまへ、支援状況をご報告します。

1月31日をもって、本月間におけるご支援の呼び掛けを終了しました。結果、433名の方々から23,834,650円のご支援をお寄せいただきました。たくさんの応援を、本当にありがとうございます。

今回の『冬の感謝月間2020』では、皆様の温かいご支援を受け、時に冷たく感じる社会の中で、仲間と手をとり、歩いていくことの尊さを痛感いたしました。

『わたしの灯火が、また誰かの灯火になる』

そう信じて歩みを進めることが、きっと私たち、そして、今日を生きる全ての人々への勇気につながる。

この【冬の感謝月間2020】は、みなさまからたくさんのことを教えていただいた大切な時間となりました。これからもテラ・ルネッサンスは皆さまの「灯火」となれるように。そして、みなさまからいただいた「灯火」をもとに、より明るく、より暖かく社会を照らしていけるよう活動を続けてまいります。 

2021年1月31日

認定NPO法人テラ・ルネッサンス

スタッフ一同

■ テラ・ルネッサンスを応援してくださる皆さまへ

 

日頃から私たちの活動をご支援くださり、本当に、ありがとうございます。2020年は、新型コロナウイルス感染症が世界的に猛威をふるい、多くの人の「命」を奪いました。私たちが活動しているウガンダやコンゴ、ブルンジでも感染拡大に伴う影響が出ています。

 

アフリカで弱い立場にある人々には、手洗いやソーシャルディスタンスといった感染予防のための知識や、マスクなど予防に必要な物資を手に入れる余裕はありません。また各国政府によって、多くの労働者が活動を制限され、失業に追い込まれるなど経済的な窮地に立たされました。

 

このような状況下でも、「私たちができること」を探し、新型コロナウイルス対策の緊急支援を実施しました。2020年4~5月まで幅広くご支援を呼び掛けましたところ、本当にありがたいことに、921名の方々から、24,460,616円ものご支援をいただきました。

 

 


日本も緊急事態宣言が発令された混迷のさなかにも関わらず、遠く離れたアフリカの人々を想ってくださることに、私たちは勇気づけられ、心があつくなりました。

 

いただいたご支援によって、ウガンダ、コンゴ、ブルンジで、石鹸や簡易手洗い設備の提供、手洗い方法の啓発などの感染予防対策や、最脆弱層への生計支援を実施することができました。

 


・石鹸配布:64,387個
・布マスクの製造・配布:34,000枚
・食料・生活必需品:3,750人
・手洗い設備設置:1,001箇所
・手洗いチラシ・ポスター配布:71,500枚
・上記含め街宣車での啓発:86,800人

 

(2020年8月時点の活動実績で、緊急支援は2020年12月まで実施予定です。)
 

ご支援くださった皆さま、応援してくださった皆さまには、心より御礼申し上げます。本当に、ありがとうございました。

■ 絶望にも負けない想い、生まれる灯火

 

ロックダウン下のウガンダで、テラ・ルネッサンスの職業訓練施設で洋裁を学んだ元子ども兵の方々に、布マスクの生産を依頼しました。ラクワナさん(仮名)も、マスク製作に関わった一人ですーー。

 

彼女は13歳のときに誘拐されてから8年間、反政府軍の兵士として徴兵されてきました。軍にいる間に強制結婚で子どもを産まされ、銃撃戦で肋骨を打たれ貫通するといった大怪我をしながら、ようやく町に帰ってきましたが彼女の両親はすでに死亡していました。

 

長年、家族と離れ離れの中、唯一の希望だった両親との再会も果たすことができず、本当に絶望のどん底にいるような状況のなかで、彼女への社会復帰支援がスタートしました。

 

そこから、彼女の懸命な努力により、読み書きができるようになり、洋裁の技術を身につけました。そして、彼女は新しい夢であった洋裁店を開き、周りの住民と助け合いながら、前を向いて生きることができるようになりました。



 

しかし、突如として始まった新型コロナウイルスの感染拡大とそれに伴うロックダウンの影響で、仕事をすることができなくなり、また途方に暮れてしまいました。

 

そんな中、テラ・ルネッサンスから「マスク作りの仕事を担って欲しい」と依頼を受け、マスクの製作を始めたところ、徐々に収入を得られるようになりました。

 

彼女は、マスク作りのおかげで、家族を養うことができ、さらに新しいミシンを買うこともできました。

 



このようにマスクの生産が、ラクワナさんをはじめとする、職業訓練施設の卒業生の収入向上に繋がっています。

 

そして、このマスクを貧困層の人々、陽性患者を受け入れている病院、エッセンシャルワーカーなど地元の多くの人々に無償で配布しました。

 

以前は差別を受けていた元子ども兵たちが、今では「命」を守るマスクを提供する、大切な存在として、地域住民との関係性に変化が表れています。

 

コロナ禍でたいへんな中、ラクワナさんはこのように語りました。


「地域の人々のために洋裁の仕事をすること、それがこれまで私が担ってきた役割です。きっと再び自立してみせます。」


彼女の決意は、あたたかな太陽のように見えました。そして、その想いが、私たちの心に、火を灯してくれたのです。

 

■ 社会に、この灯火を広げたい

 

現在、コロナ禍による漠然とした不安が、日本全体を覆っているように思います。「自殺」は増加の傾向にあり、まさかあの人が、と思うような有名人の自死が続きました。

 

テラ・ルネッサンスを応援してくださっている皆さまの中にも、時には不安で眠れない夜を過ごしている方もおられるのではないでしょうか。

 

テラ・ルネッサンスは19年の活動のなかで、「どんなに苦しくても、必ず人は立ち上がり、生きることができる。この世界に生まれた意味を見つけて、自らの人生を歩むことができる」と、支援者の皆さま、そしてアフリカ、アジアの人々から教わりました。

 

このような時だからこそ、コロナ禍において、支援者の皆さまが、そして、元子ども兵たちが私たちに授けてくれるこの灯火を、社会に広げたいのです。それが今、テラ・ルネッサンスができることだと信じて。


 


この冬、テラ・ルネッサンスは、彼らの物語を、支援者の皆さまが託される想いを、テラ・ルネッサンスのメッセージを、社会へ発信していく、特別な”期間”をスタートすることにしました。

 

『わたしの灯火が、また誰かの灯火になる。』

 

あなたが心に宿した灯火がまた誰かの灯火につながっていく。その灯火の広がりは、いつか大きな光となり、太陽のように社会を明るく照らしていく。そう私たちは信じています。

 

■ ともに灯火を育む4つの方法

 

 

誰しも「世界が平和であってほしい」「愛する人と心穏やかに暮らしたい」といった願いがあると思います。その願いは、皆さまの灯火が誰かの灯火になることで、社会がより照らされ、カタチになっていくのではないでしょうか。

だからこそ、テラ・ルネッサンス自身の灯火を大きくするとともに、一緒に社会を照らしてくださる皆さまの灯火もまた大切なのです。


ここからは、テラ・ルネッサンスを通して、あなたの願いをカタチにする方法を、4つご紹介させてください。

 


   

 


■ 最後に…

 

いつもテラ・ルネッサンスの活動をご支援くださり、本当に、ありがとうございます。

「すべての生命が安心して生活できる社会(=世界平和)」の実現を目指して、日々邁進できるのは、支えてくださっている皆さまのお陰です。

新型コロナウイルスの収束はまだ見えていませんが、テラ・ルネッサンスは引き続き、ラクワナさんのようにしなやかに精進して参ります。

日本の皆さまにとって、この期間が、大切な自分自身と、そして自分以外の誰かを想う契機になれば幸いです。

 

【動画】 理事長・小川と創設者・鬼丸の特別対談

世界が一変した2020年、困難の時代を、私たちはどのように生きるのか。テラ・ルネッサンス理事長の小川と、創設者・ 理事の鬼丸との対談から、コロナ禍の2020年を振り返りました。コロナ禍におけるテラ・ルネッサンスの活動と、私たちの想いを、ぜひ、ご覧ください。(前編,後編)






■ 応援メッセージをお寄せください


スマートフォン用の画像

● 2021.01.19 (K・Sさん)
ふるさと納税という形での寄付があることを初めて知りました きっかけを作っていただいてありがとうございました。

● 2021.01.17 (T・Sさん)
これからも応援しています。

● 2021.01.13 (A・Kさん)
微力ですが、お役に立てれば嬉しいです。

● 2021.01.13 (K・Kさん)
ウガンダの訓練校の建設を友人たちと行いました。今後ともよろしくお願いします。頑張ってください。

● 2021.01.10 (S・Iさん)
いつもありがとうございます!どの国もドメスティックな事業に目が向けられやすいときですが、途上国のコロナ禍での影響が著しいと聞いて、少しでもなにかできればと考えています。みなさまどうぞお体に気をつけて。

● 2021.01.09 (T・Aさん)
コロナ禍でも是非活動に尽力していただきたいと思います。応援しています。

● 2020.12.31 (D・Kさん)
平和な世界の実現に向けた地道な活動、いつも応援しております!

● 2020.12.30 (J・Hさん)
EMSのおめでトークを拝聴し、この寄付を知りました☆子供兵などの社会復帰支援に賛同します。

● 2020.12.30 (K・Aさん)
いつも応援しています!

● 2020.12.30 (J・Aさん)
現地で困難に直面されている人達、それを支えている現地スタッフや日本スタッフの皆様のために役立ててください。

● 2020.12.30 (K・Hさん)
いつも素晴らしい活動ありがとうございます。

● 2020.12.28 (H・Uさん)
微力ですが、アフリカで厳しい状況にある人達の一助となれれば幸いです。

● 2020.12.28 (R・Mさん)
国内のことに目が向きがちなこの1年だったのですが、子供の貧困、苦しみは世界中いたるところにあり、解消されるには程遠い現状なのだと、ふと思い至りました。 コロナ禍で様々な団体が寄付金を募るのに苦労されていると聞きます。少額ですが、少しでも力になりますように。

● 2020.12.28 (M・Aさん)
少しでもお役に立てればと思いふるさと納税を利用させていただきました。少ない金額ですが使っていただけると嬉しいです。

● 2020.12.28 (Y・Uさん)
「すべての生命が安心して生活できる社会(=世界平和)の実現」に賛同し応援しています。

● 2020.12.28 (T・Kさん)
ひきつづき、活動がんばってください。

● 2020.12.27 (A・Mさん)
フィデューシャリーパートナーズさんのセミナーで知り申込しました。 微力でも行動に価値があると思いましたので、活動のお役に立てれば光栄です。

● 2020.12.27 (Y・Yさん)
NPO支援の取り組み、素晴らしいですね。

● 2020.12.26 (Y・Sさん)
鬼丸さんの講演を聞いて、いつも応援しています。

● 2020.12.26 (N・Uさん)
いつも応援しています!皆さん頑張って下さい!ありがとうございます。

● 2020.12.26 (H・Tさん)
大変な世の中になってきましたが、頑張ってください。 応援してます

● 2020.12.26 (M・Kさん)
頑張ってください!

● 2020.12.26 (H・Sさん)
テラ・ルネッサンスの取り組みを微力ながら応援しています。 さらなる挑戦に期待しております!

● 2020.12.26 (S・Sさん)
子供兵の心のケアに使ってください 応援しております。

● 2020.12.25 (T・Fさん)
クリスマスドネーションです。

● 2020.12.25 (M・Sさん)
ささやかですがお役に立てれば幸いです。

● 2020.12.25 (M・Iさん)
学生時代、小川さんにお世話になりました。コロナ禍で海外の問題に焦点が当たりにくくなっておりますが、活動応援しております。

● 2020.12.25 (M・Nさん)
心ばかりですが、世界平和に繋がることを心より祈念しています。いつもありがとうございます。

● 2020.12.24 (N・Mさん)
応援しています!

● 2020.12.24 (I・Kさん)
あまり無理をなされないように、健康に気をつけてください。

● 2020.12.23 (S・Yさん)
いつも応援しています!

● 2020.12.22 (M・Kさん)
何年も前から存じ上げながら初めての寄付です。 お役立てください。 よろしくお願いいたします。

● 2020.12.22 (J・Yさん)
鬼丸さんをはじめスタッフのみなさん、これからも頑張ってください!

● 2020.12.22 (Oさん)
鬼丸君、こんにちは! ご無沙汰しておりますが、世界と日本の平和のために相変わらずのご尽力、いつも有難く拝見しております。 久しぶりになってしまい大変恐縮ながら寄付金をお送りします。少額ながらこれから毎年1回は実行し、ささやかながら応援させていただきたいと思います。 日本も世界も大変な1年でしたが、皆で笑い合える来年でありますこと、そして鬼丸君の益々のご活躍を心から願っております。 又会える

● 2020.12.21 (Y・Hさん)
応援しています スタッフの皆様もどうぞご無事で

● 2020.12.21 (S・Fさん)
応援しています。受賞おめでとうございます。

● 2020.12.21 (S・Sさん)
ずっと応援してます。これからもよろしくお願いいたします。

● 2020.12.20 (A・Kさん)
微力だけど無力じゃない、という鬼丸さんの言葉が大好きです。 応援しています。

● 2020.12.20 (K・Tさん)
テラルネッサンスを支援出来るふるさと納税をつくってくださり、心より御礼を申し上げます。

● 2020.12.20 (M・Kさん)
テラルネッサンスの活動を応援しています。

● 2020.12.19 (A・Iさん)
12月19日の限定YOUTUBELIVE拝見いたしました 大変参考になりました 今後ともご活躍ご祈念いたします こんど、法人としても何かしらのご協力をしていきたいと考えます 宜しくお願い致します。

● 2020.12.13 (K・Sさん)
少ない金額ですがお役立てください下さい。

● 2020.12.13 (T・Mさん)
先の見えないコロナ禍の中で、活動に尽力されている皆さんと、少しの応援しかできませんが、気持ちだけ共にさせていただきたいと思います。

● 2020.12.13 (K・Sさん)
少ない金額ですがお役立てください下さい。

● 2020.12.12 (S・Iさん)
応援してます!世界の子供たちが等しく幸せで有りますように^ ^

● 2020.12.12 (H・Kさん)
いつも応援してます! この度ボーナスを得たことにより、やっとまとまった金額を寄付することができました~! 活動報告楽しみにしています。

● 2020.12.11 (M・Fさん)
海外支援、がんばってください!

● 2020.12.10 (H・Aさん)
コロナに負けないよう、頑張ってください。応援してます。

● 2020.12.10 (S・Kさん)
ささやかですが、応援させていただきます。 アフリカの方々の幸せのために頑張ってください。

● 2020.12.10 (Y・Uさん)
NPOさんへのご協力が可能な仕組みを採用してくださり、ありがとうございます!

● 2020.12.10 (S・Fさん)
応援しています。少しずつですが、これからもできる範囲で応援します。来年は今年よりひとりでも幸せな人が増えますように。

● 2020.12.08 (E・Sさん)
コロナ後の世界が良くなっていきますよう願っています。皆様のご健康をお祈りしています。

● 2020.12.06 (N・Wさん)
勤務している保育園にブルンジ出身の子たちが在籍していたことがあります。多様化する社会の中で、アフリカ、アジアの地域への貴法人による支援を身近なものとして感じました。少しでもこうした地域とつながるお手伝いをさせていただきたく申し込みいたします。

● 2020.12.05 (K・Kさん)
いつも応援しています!

● 2020.12.04 (M・Kさん)
コロナと貧困で苦しんでいる方々の支援よろしくお願いします。応援しています。

● 2020.12.01 (S・Sさん)
鬼丸さん、頑張ってください。応援しています。

● 2020.12.01 (K・Aさん)
セミナー開催ありがとうございました。 大変感銘を受けました。

● 2020.12.01 (M・Sさん)
今年は手作りマスクで、テラ・ルネッサンスさんを応援できる事が励みになりました。 来年マスクを作るかどうかは未定ですが、作る事ができたらまた僅かでも応援したいです。 みなさまコロナ禍で大変だったと思いますが、心より応援しています。

● 2020.11.30 (T・Oさん)
鬼丸さん いつも、素晴らしい活動をありがとうございます。 陰ながら応援しています。

● 2020.11.29 (S・Sさん)
コロナ禍、世界で活動するには制限もあると思う。未来のために、この活動は必要な活動だと思う。応援しています。

● 2020.11.28 (K・Tさん)
コンゴでの平和構築事業、心より応援しております!

● 2020.11.27 (F・Kさん)
困難なご活動を長年継続されていることに感銘を受けております。

● 2020.11.27 (T・Iさん)
素晴らしい活動をありがとうございます!

● 2020.11.26 (D・Uさん)
先日もオンラインでの報告会に参加させて頂きありがとうございました。地方に住む私にとってはオンラインでの交流会は、とてもありがたいです。

● 2020.11.18 (K・Aさん)
いつも応援しています。

 

■ キャンペーンブログをみる

キャンペーンブログを見る

メニュー閉じる