認定NPO法人テラ・ルネッサンスのプレスリリースを発表します。

メニュー

新着情報 新着情報


メロンパンでコンゴを救う イベント売上金を性暴力被害にあった女性の支援へ


2019年12月11日

認定NPO法人テラ・ルネッサンス
メロンパンフェス

プレスリリース
報道関係者各位

 

メロンパンでコンゴを救う
イベント売上金を性暴力被害にあった女性の支援へ

 
日本最大級のメロンパンの祭典を主催するメロンパンフェス(代表:平井萌)は、コンゴ民主共和国(以下、コンゴ)で紛争被害にあった人々を支援する認定NPO法人テラ・ルネッサンス(事務局:京都市下京区、理事長:小川真吾)に、同イベントの収益金60万円を寄付した。




 

 メロンパンフェスは、全国各地のメロンパンを揃えた、国内最大のメロンパンの祭典。身近な「スマートフォン」がつくられる背景に隠れる社会問題を、同じく誰にとっても身近な「メロンパン」を通じて伝えることを目的に開催している。イベントではプレーンのメロンパンをはじめ、メロンパンベーグルやキャベツメロンパンといった変わり種まで、全国各地の選りすぐりのメロンパンが集結。メロンパンを楽しみながら、配布するパンフレットやイベント内のトークイベントにてコンゴのことを知ることができる。2019年5月に開催した第5回では約1,500人が来場した。

 コンゴでは、1998年以降に紛争が勃発。第二次世界対戦以降、最悪の被害 (死者600万人)となった。紛争の背景には、スマートフォンなどに利用されるレアメタルなどの天然資源をめぐった近隣国及び先進国の権益争いが存在する。特に、武装勢力による女性の性暴力の被害は深刻で、心身ともに深い傷を負った女性たちは自立した生活を送れない状況にある。昨年ノーベル平和賞を受賞したデニ・ムクウェゲ医師は、長年に渡り被害女性たちの医療支援に尽力してきたことが評価された。

 テラ・ルネッサンスは、コンゴで活動する日本で唯一のNGOとしてこれまで10年間に渡り支援活動を継続。これまで支援してきた人々の中には、ムクウェゲ医師の治療を受けた女性も含まれている。今回の寄付金は、同地域で性暴力被害にあった女性や最貧困層30名を対象に、養蜂の技術訓練およびビジネス支援(2019年12月から約1年間)の実施から、自立を目的とした支援に活用される。


 メロンパンフェス代表の平井萌(ひらい・めぐみ)は、「これまでメロンパンフェスではコンゴで活動される石田勝子さん、実際にわたしが訪問したNGO『HEAL AFRICA』へ寄付しています。一方で、継続的な支援をするには収益が十分出せず、そのとき寄付先で必要な物資を購入していただく範囲にとどまっていました。今回は、一年に渡った養蜂の技術訓練のためのプロジェクトをご提案いただき、ご支援させていただくことになりました。現地の方がビジネスができるよう技術を身につけ、収入を得て、新たなお金が生まれる。寄付して終わってしまうのではなく、新しい経済価値が創造される未来の投資をことができ、心から嬉しく思います」と語る。



■ この件に関するお問い合わせ(取材)について(01)

メロンパンフェス 代表 平井(ひらい)
メール:m.hirai@@@melonpanfes.com (@を1つにして送信ください)


メロンパンフェス 代表 平井萌 https://www.melonpanfes.com/
『“いいものだから買う”ではなく、“買ったらいいものだった”で回る社会に』を理念に掲げたメロンパンフェスを、平井萌が2013年に企画。コンゴ民主共和国の紛争鉱物問題を伝えることを目的としている。

 

■ この件に関するお問い合わせ(取材)について(02)

認定NPO法人テラ・ルネッサンス
啓発事業部 小田(おだ)
メール:oda@@@terra-r.jp‬‬‬‬‬‬ (@を1つにして送信ください)


認定NPO法人テラ・ルネッサンス 理事長 小川真吾 http://www.terra-r.jp

『すべての生命が安心して生活できる社会の実現』を目的に、2001年に鬼丸昌也によって設立。現在では、カンボジア・ラオスでの地雷や不発弾処理支援、地雷埋設地域の生活再建支援、ウガンダ・コンゴ・ブルンジでの元子ども兵の社会復帰支援を実施。また、日本国内では、平和教育(学校や企業向けの研修)や、岩手県大槌町を中心に、被災者支援活動を展開しています。

 


〇 メディア掲載実績

佐賀新聞 / 秋田新聞 /秋田魁新報 / 神戸新聞 / 京都新聞 / 東愛知新聞 / 陸奥新報 / 岩手日日 /毎日新聞 / 高知新聞 / 東京新聞 / 中日新聞 / 朝日新聞 / 共同通信(その他、新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・インターネット記事 多数)


2008年 テレビ東京/「知花くららの地球サポーター」に当会小川真吾が出演

2011年 AERA/2011年1月31日号(朝日新聞出版)鬼丸昌也が「現代の肖像」で、当会のアジア・アフリカ支援事業、国内での啓発・政策提言への取り組みを放送

2013年 テレビ西日本/土曜NEWSファイルCUBEにて、ラオスの現状として、当会が取り組むクラスター爆弾不発弾撤去支援の現場などが放送

2015年 KYT鹿児島読売テレビ/Smile episodeⅡで、カンボジア及びラオスでの小学校・教員宿舎建設支援の取り組みが放送

      NHK/NHKスペシャル戦後70年ニッポンの肖像

      NHK/NHKドキュメンタリー 石原さとみアフリカへの旅“いのち”に魅せられた9日間”

2017年 ABC朝日放送/世界の村で発見!こんなところに日本人(ウガンダ)

2018年 NHK/明日世界が終わるとしても

      ABC朝日放送/世界の村で発見!こんなところに日本人(ラオス)

2019年 NHK/NHK佐賀「ニュースただいま佐賀」『この人に会いたい』

     フジテレビ/フューチャーランナーズ 〜17の未来〜
      NHK/「おはよう日本」
      NETFLIX/「あいのり African Journey 



〇 受賞・表彰歴

2002 年 第 32 回「人間力大賞」(鬼丸昌也)(社団法人日本青年会議所) 

2009 年 第 12 回「地球倫理推進賞」(社団法人倫理研究所) 

2012 年 「地球市民賞」(独立行政法人 国際交流基金) 

2013 年 「アーユス NGO 賞」新人賞(栗田佳典)(NPO 法人アーユス仏教国際協力ネットワーク) 

2014 年 第 4 回「自由都市・堺 平和貢献賞」(堺市) 

    ヒューマンかざぐるま賞(京都オムロン地域協力基金) 

    第 3 回「エクセレント NPO」組織力賞ノミネート(エクセレント NPO を目指そう市民会議) 

2015 年 第 46 回「社会貢献者表彰」(公益財団法人 社会貢献支援財団) 

    グローバルフェスタ JAPAN2015 写真展 最優秀賞(NGO 部門)(同実行委員会) 

2016 年 第 4 回「日経ソーシャルイニシアチブ」国際部門賞 ファイナリスト(日本経済新聞社) 

2017 年 NGO 組織力強化大賞 2017(担い手育成部門)(認定 NPO 法人国際協力 NGO センター) 

    第 2 回「これからの 1000 年を紡ぐ企業認定」(京都市ソーシャルイノベーション研究所) 

    第 5 回「エクセレント NPO」組織力賞ノミネート(エクセレント NPO を目指そう市民会議) 

2018 年 「企業価値認定」(一般社団法人企業価値協会) 

2019 年 第 6 回「エクセレント NPO」組織力賞ノミネート(エクセレント NPO を目指そう市民会議)

 

その他の記事を見る

  • facebook
  • twitter

お問い合わせはこちら

メニュー閉じる