認定NPO法人テラ・ルネッサンスが運営する大槌刺し子プロジェクトは、熊本豪雨災害における支援を実施した。

メニュー

新着情報 新着情報


「大槌」から「人吉」へ。届け「支援」のバトン。熊本豪雨から2ヶ月。対象商品の売上、約20万円を熊本豪雨被災地でのボランティア活動に寄付。


2020年9月7日

国連(経済社会理事会特殊協議資格)NGO
認定NPO法人テラ・ルネッサンス

プレスリリース
報道関係者各位

 

「大槌」から「人吉」へ。届け「支援」のバトン。

熊本豪雨から2ヶ月。対象商品の売上、約20万円を
熊本豪雨被災地でのボランティア活動に寄付。

  

岩手県上閉伊郡大槌町にて、「大槌復興刺し子プロジェクト」を運営する NPO 法人テラ・ルネッサンス(事務局:京都府京都市 理事長:小川真吾)は、2020年7月に発生した「熊本豪雨」(令和2年7月豪雨) で甚大な被害を受けた熊本県人吉市でのボランティア活動を支援するために、7月20日より8月31日までの期間限定で対象商品の定価50%分を支援金として寄付するキャンペーンを実施しました。その結果、商品売上、募金を合わせて195,247円が集まり、同市にてボランティア活動を行う「熊本県人吉市・復興支援プロジェクトチーム(https://bit.ly/HitoyoshiwoTOMERUNA)に寄付することにいたしました。



熊本豪雨では、被害が拡大しました。特に、被害の大きかった熊本県人吉市では球磨川やその支流で氾濫が生じ、氾濫流による建物・橋梁の破壊・流失、および浸水による被害が生じました。報道によると、熊本県内の死者は65人、人吉市では20名が亡くなり、住宅の床上、床下の浸水は合わせて4,600棟余りにのぼりました。

 

そのような状況を鑑みて、東日本大震災で被害を受けた 岩手・大槌からも、支援を届けたいと、2020年8月31日(月)まで、大槌復興刺し子プロジェクトで制作した一部商品の売上げ50%分を、同市でのボランティア活動に寄付することにしたところ、多くの方に賛同いただきました。また、自らも東日本大震災による被災を経験した、刺し子の商品の作り手である刺し子さんや、横浜で刺し子商品の販売を行うカフェ「陽のあたる道」も募金に協力、8月31日までに、195,247円が集まりました。

 

熊本県人吉市にて、「熊本県人吉市・復興支援プロジェクトチーム」を結成し、支援活動を続ける代表の松山真之助さんは、「人吉に心をお寄せいただき、軽トラックの無料貸し出しなどの復興支援プロジェクトをご支援いただき、ほんとうにありがとうございます。まだまだ復旧・復興の途上ですが、岩手大槌の皆様のお気持ちを私たちの勇気に変えて頑張っていきます。」と語っています。






 

■ この件に関するお問い合わせ(取材)について

認定 NPO 法人テラ・ルネッサンス
大槌復興刺し子プロジェクト 事業部⻑ 吉田(よしだ)
電 話:080-3935-9841
メール:m_yoshida@@@terra-r.jp(正しくは@を二つ削除)


〇 大槌復興刺し子プロジェクト



2011年6月に東日本大震災で甚大な被害を受けた大槌町にて、支援に関わっていた5名の東京のボランティアが発足させ、現在は認定NPO 法人テラ・ルネッサンスが運営。大槌町の女性たちの心理的負担の軽減や、生き甲斐と仕事を生み出すため、生活再建、心理社会的負担の軽減、現地雇用の促進などを目的に、東北に根付く「刺し子」を生かした商品を作成・ 販売。刺し子さん(刺し子製品の作り手)たちが、伝統的な刺し子技法を、現代的にアレンジした製品を製作するのが特徴。2020年3月末までに、累計207名の「刺し子さん」に、 約3,800 万円の加工賃をお支払いしてきました。




〇 認定NPO法人テラ・ルネッサンス



『すべての生命が安心して生活できる社会の実現』を目的に、2001年に鬼丸昌也によって設立。現在では、カンボジア・ラオスでの地雷や不発弾処理支援、地雷埋設地域の生活再建支援、ウガンダ・コンゴ・ブルンジでの元子ども兵の社会復帰支援を実施。また、日本国内では、平和教育(学校や企業向けの研修)や、岩手県大槌町を中心に、被災者支援活動を展開しています。 理事長 小川真吾 http://www.terra-r.jp



〇 メディア掲載実績

佐賀新聞 / 秋田新聞 /秋田魁新報 / 神戸新聞 / 京都新聞 / 東愛知新聞 / 陸奥新報 / 岩手日日 /毎日新聞 / 高知新聞 / 東京新聞 / 中日新聞 / 朝日新聞(その他、新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・インターネット記事 多数)


2008年 テレビ東京/「知花くららの地球サポーター」に当会小川真吾が出演

2011年 AERA/2011年1月31日号(朝日新聞出版)鬼丸昌也が「現代の肖像」で、当会のアジア・アフリカ支援事業、国内での啓発・政策提言への取り組みを放送

2013年 テレビ西日本/土曜NEWSファイルCUBEにて、ラオスの現状として、当会が取り組むクラスター爆弾不発弾撤去支援の現場などが放送

2015年 KYT鹿児島読売テレビ/Smile episodeⅡで、カンボジア及びラオスでの小学校・教員宿舎建設支援の取り組みが放送

      NHK/NHKスペシャル戦後70年ニッポンの肖像

      NHK/NHKドキュメンタリー 石原さとみアフリカへの旅“いのち”に魅せられた9日間”

2017年 ABC朝日放送/世界の村で発見!こんなところに日本人(ウガンダ)

2018年 NHK/明日世界が終わるとしても

      ABC朝日放送/世界の村で発見!こんなところに日本人(ラオス)

2019年 NHK/NHK佐賀「ニュースただいま佐賀」『この人に会いたい』

     フジテレビ/フューチャーランナーズ 〜17の未来〜



〇 受賞・表彰歴

2002 年 第 32 回「人間力大賞」(鬼丸昌也)(社団法人日本青年会議所) 

2009 年 第 12 回「地球倫理推進賞」(社団法人倫理研究所) 

2012 年 「地球市民賞」(独立行政法人 国際交流基金) 

2013 年 「アーユス NGO 賞」新人賞(栗田佳典)(NPO 法人アーユス仏教国際協力ネットワーク) 

2014 年 第 4 回「自由都市・堺 平和貢献賞」(堺市) 

     ヒューマンかざぐるま賞(京都オムロン地域協力基金) 

     第 3 回「エクセレント NPO」組織力賞ノミネート(エクセレント NPO を目指そう市民会議) 

2015 年 第 46 回「社会貢献者表彰」(公益財団法人 社会貢献支援財団) 

     グローバルフェスタ JAPAN2015 写真展 最優秀賞(NGO 部門)(同実行委員会) 

2016 年 第 4 回「日経ソーシャルイニシアチブ」国際部門賞 ファイナリスト(日本経済新聞社) 

2017 年 NGO 組織力強化大賞 2017(担い手育成部門)(認定 NPO 法人国際協力 NGO センター) 

     第 2 回「これからの 1000 年を紡ぐ企業認定」(京都市ソーシャルイノベーション研究所) 

     第 5 回「エクセレント NPO」組織力賞ノミネート(エクセレント NPO を目指そう市民会議) 

2018 年 「企業価値認定」(一般社団法人企業価値協会) 

2019 年 第 6 回「エクセレント NPO」組織力賞ノミネート(エクセレント NPO を目指そう市民会議)

その他の記事を見る

  • facebook
  • twitter

お問い合わせはこちら

メニュー閉じる