認定NPO法人テラ・ルネッサンスのプレスリリースを発表します。

メニュー

新着情報 新着情報


「日本の伝統を現代の装いに」(株)オンワード樫山のメンズカジュアルブランドと大槌刺し子 初めてのコラボレーション商品が誕生。

2018年3月吉日

認定NPO法人テラ・ルネッサンス

プレスリリース
報道関係者各位

 

「日本の伝統を現代の装いに」

(株)オンワード樫山のメンズカジュアルブランドと大槌刺し子

初めてのコラボレーション商品が誕生

 

岩手県上閉伊郡大槌町にて「大槌復興刺し子プロジェクト」を運営する認定NPO法人テラ・ルネッサンス(事務局:京都府 理事長:小川真吾)と、(株)オンワード樫山のメンズカジュアルブランド(本社:東京都 代表取締役社長執行役員:大澤道雄)は、初めてのコラボレーション商品として、大槌町の女性がひと針ひと針刺す、伝統的な針仕事「刺し子」を取り入れたアイテムを販売いたします。

   

アイテム:Tシャツ(14,000円〜)、ポロシャツ(18,000円)、帽子(15,000円)、クラッチバッグ(14,000円)※価格は税抜き価格です。

発売日 :2019年3月22日(金)〜

販売店舗:JOSEPH ABBOUDの各店舗


チェック柄を「刺し子」で表現した生地をポケットや切り替えにあしらったTシャツや「刺し子」を襟元にあしらったポロシャツ、ハットにクラッチバッグなど、日本伝統の技術と現代の装いを融合させた希少な一品に。

『自然との共存』を永遠のテーマとし、「服をデザインすることだけでなく、着る人のライフスタイルも提案」していくJOSEPH ABBOUDと、被災地である岩手県大槌町で地元の女性がひと針ひと針想いを込めて刺す「大槌刺し子」が、身に着ける物を通して、手仕事の価値、日本の伝統文化、復興を伝え直します。

今回、JOSEPH ABBOUDと一緒に企画や生産を行なった、大槌復興刺し子プロジェクトマネージャーの吉田は、「JOSEPH ABBOUDは生地にオーガニックコットンを採用したり、着るものを通して、ライフスタイルまで提案する先駆的なブランド。そんなブランドとのコラボレーションは、これからの大槌刺し子の可能性も感じる取り組みとなりました。一過性のコラボレーションだけでなく、引き続き、新しいことを一緒に生み出していきたいです。」と話しています。

東日本大震災からの復興を目指す岩手県大槌町の女性たちが1点ずつ時間をかけて縫い上げた美しくも素朴な「刺し子」の魅力をぜひご堪能ください。

  



■ この件に関するお問い合わせ(取材)について

認定NPO法人テラ・ルネッサンス 
大槌復興刺し子プロジェクト マネージャー 吉田(ヨシダ)
〒028-1121 岩手県上閉伊郡大槌町小鎚26-122-1 メゾン大谷201
[ Tel/Fax ]  080-3935-9841
[ Mail ]  m_yoshida@terra-r.jp




〇 JOSEPH ABBOUD

ジョセフアブードが提案する感性で着る大人のカジュアル。自然の中からインスピレーションを受け、様々な観点からモノづくりをし、天然素材志向・ナチュラル・オーガニックといった『自然との共存』を永遠のテーマとしている「服をデザインすることだけではなく、着る人のライフスタイルも提案」していくインターナショナルアメリカンブランド。https://www.josephabboud.jp/



〇 大槌復興刺し子プロジェクト

2011年6月に東日本大震災で甚大な被害を受けた大槌町にて、支援に関わっていた5名の東京のボランティアが発足させ、現在は認定NPO法人テラ・ルネッサンスが運営。生活再建、心理社会的負担の軽減、現地雇用の促進などを目的に、東北に根付く「刺し子」を生かした商品を作成・販売。2018年3月末までに、累計191名の刺し子さんに約3,300万円万円以上の製作費を手渡してきた。https://sashiko.jp/



〇 認定NPO法人テラ・ルネッサンス

『すべての生命が安心して生活できる社会(=世界平和)の実現』を目的に、2001年に鬼丸昌也によって設立。現在では、カンボジア・ラオスでの地雷や不発弾処理支援、地雷埋設地域の生活再建支援、ウガンダ・コンゴ・ブルンジでの元子ども兵の社会復帰支援を実施。また、日本国内では、平和教育(学校や企業向けの研修)や、岩手県大槌町を中心に、被災者支援活動を展開しています。独立行政法人国際交流基金「地球市民賞」、一般社団法人倫理研究所「地球倫理推進賞」受賞。理事長:小川真吾 http://www.terra-r.jp

その他の記事を見る

  • facebook
  • twitter

お問い合わせはこちら

メニュー閉じる