認定NPO法人テラ・ルネッサンスのコラボチャリティーイベント

メニュー

新着情報 新着情報


パートナーズ・チャリティセミナー【2020年12月】

パートナーズ・チャリティーセミナー2020年12月🎄

\参加費全額が寄付となる/
第23回 パートナーズ・サロン
第8回 パートナーズ・セミナー
☆特別企画:チャリティーセミナー☆
(zoom & 会場併用)



エコでエシカルな金融を提唱するフィデューシャリー・パートナーズ様のチャリティーイベント。
今回、テラ・ルネッサンスの鬼丸昌也が呼んでいただき、合同で講演を行います。心の通う投資、エシカルな金融、地雷、子ども兵、小型武器問題に関心のある方、美味しいベルギーランチをいただきたい方、どなたでもお待ちしております。


2020年11月16日更新
新型コロナウイルス感染症対策としてランチへの参加人数を変更し
既に満席に達したため、会場への参加募集は終了しました。
オンラインでの参加、お待ちしております。


■ プログラム

11:00~11:20

講師:森脇ゆき
【美しく投資する】~年末年始に考えたいお金のこと~

 
11:20~12:20

第二部 特別講師:鬼丸昌也
【こうしてぼくは世界を変えるために一歩を踏み出した】
~子ども兵、地雷、小型武器問題~   

12:20~12:30

質疑応答

12:30~ 

ベルギーランチ




■ 講演内容

第一部:【美しく投資する】〜年末年始に考えたいお金のこと〜

あなたの大切なお金を美しく投資したら、きっと素敵☆


第二部:【こうしてぼくは世界を変えるために一歩を踏み出した】~子ども兵、地雷、小型武器問題~


「地雷問題に対して、自分に、今、何ができるだろう」

2001年2月。大学4年生の時に、カンボジアを訪れ、地雷被害の悲惨さを知った。
鬼丸昌也氏が、そう心に問いかけたところが、テラ・ルネッサンスの出発点だったのです。
 ・地雷除去の知識や体験があるわけでもない
 ・地雷除去に寄付ができるほどのお金持ちでもない
 ・活動を始めるために支援をしてくれる人脈もない
そんな中でも、鬼丸昌也氏は、「自分に、今、何ができるのだろう?」という問いかけを続けていきます。そして、気づくのです。「目の前で見てきたこと、感じてきたことを日本の人々に伝えることだったら、今の僕にでもできる!」
彼が始めたのが、講演活動でした。地雷問題に関する講演を、招かれるままに、全国各地で、行っていきます。すると、
 ・テラ・ルネッサンスを、支援をしたい
 ・一緒に、活動をしたい
そんな申し出をしてくださる方々が、各地に出てきたのでした。たくさんの方々のご支援をいただき、テラ・ルネッサンスは、当初の地雷除去支援だけではなく、すべての生命が安心して生活できる社会(世界平和)の実現を目指すために、地雷・小型武器・子ども兵・平和教育の4つの領域で、活動を進めています。当日は活動地域の新型コロナウイルス対策事業のことも踏まえ、世界の今、平和な社会の実現に向けた鬼丸の思いを語ります。


▼テラ・ルネッサンスの取り組みについて(動画)




■ イベント開催概要 

日 程

2020年12月26日(土) 

時 間

11:00〜12:30

参加費

講義:2,000円 (全額寄付)
ランチ:3,000円 (内訳:2800円ランチ、200円個室料金)
*ランチは現地精算です。

会 場

シャン・ドゥ・ソレイユ
住所:東京都千代田区内神田1-10-6 一世会館ビル 4F 地図


以下の青ボタンからお申し込みいただけます。(こくちーずプロのサイトに移行します。)

 

■ 講師プロフィール

出演者プロフィール

森脇ゆき(フィデューシャリー・パートナーズ設立者)

埼玉県出身。
1994年、埼玉県内の信用金庫に勤務。預金業務全般を担当。また、他信金の破綻に伴う事業譲渡を受ける中で、支店内の人材教育と顧客対応を経験。
2004年、信託銀行に勤務。個人のお客様への資産アドバイスを担当。担当総顧客数は2,000人、不動産・相続相談を含む総合的な試算アドバイスを経験する。お客様へ提供するものは、情報とサプライズ。お客様からいただいた自己開示情報をもとに、あなたのためのアドバイスを徹底。
深く学ぶにつれて、働く意義、社会貢献、自分にとっての良い仕事とお客様の利益の最大化を考えるようになり、独立を決意。
2018年、信託銀行を退職。独立し、フィデューシャリー・パートナーズを設立。

 

鬼丸昌也(認定NPO法人テラ・ルネッサンス創設者)

 

特定非営利活動法人テラ・ルネッサンス理事・創設者。1979年、福岡県生まれ。立命館大学法学部卒。高校在学中にアリヤラトネ博士(サルボダヤ運動創始者/スリランカ)と出逢い、『すべての人に未来をつくりだす能力がある』と教えられる。2001年、初めてカンボジアを訪れ、地雷被害の現状を知り、「すべての活動はまず『伝える』ことから」と講演活動を始める。同年10月、大学在学中に「全ての生命が安心して生活できる社会の実現」をめざす「テラ・ルネッサンス」設立。2002年、(社)日本青年会議所人間力大賞受賞。地雷、子ども兵や平和問題を伝える講演活動は、学校、企業、行政などで年100回以上。遠い国の話を身近に感じさせ、一人ひとりに未来をつくる能力があると訴えかける講演に共感が広がっている。

 

【著書】 『ぼくは13 歳 職業、兵士』 合同出版 2005年

『こうして僕は世界を変えるために一歩を踏み出した』 こう書房 2008年

『僕が学んだゼロから始める世界の変え方』 扶桑社 2014年

『平和をつくるを仕事にする』 筑摩書房 2018年

その他の記事を見る

  • facebook
  • twitter

お問い合わせはこちら

メニュー閉じる