平和教育・地雷・小型武器・子ども兵に取り組む認定NPO法人テラ・ルネッサンス

メニュー

わたしにできること わたしにできること


【5月9日予約開始!】大槌刺し子から、1,000円がウクライナ難民・避難民の
支援になる 寄付付きマスク・ハンカチを販売します!

  •  


テラ・ルネッサンスが運営する「大槌刺し子」は、ロシアの軍事侵攻によるウクライナの避難民支援を目的とする寄付つきのマスクとハンカチを販売いたします。商品金額のうち1,000円がテラ・ルネッサンスが行うウクライナ危機緊急支援の活動費に充てられます。2022年5月9日(月)オンラインショップ(https://store.sashiko.jp/)で予約開始・5月中旬から発送します。


ご購入はこちらから



・商品販売の背景・

大槌刺し子の運営母体でもあるテラ・ルネッサンスは、ロシアの軍事侵攻によって避難することを余儀なくされたウクライナ避難民の緊急支援を実施しています。3月中旬には、2名からなる先遣隊を隣国ハンガリーとウクライナに派遣し、ニーズ調査および支援活動を行いました。


現在、ウクライナでは国外に避難する難民の数は490万人を超え、ウクライナ国内で避難生活を送る国内避難民の数は710万人以上に上っています。

ユニセフによると、こうした難民の9割は女性や子どもだとされ、高齢者も多くいます。また、1,000万人以上にも上る避難民の半数近くが子どもだと言われています。戦争の長期化により、避難民の数はますます増加するだけでなく、避難生活も長期化することが予想され、こうした人々を対象とする緊急人道支援、また中長期的な視点に立った支援が求められています。


(ハンガリーおよびウクライナにて難民・避難民の方へのニーズ調査・支援活動の様子。)
左:弊会理事/大槌刺し子事業部長/政策提言推進室長 吉田真衣(左、3月17日~4月13日ハンガリー派遣)
右:グローバル人財育成事業担当/政策提言推進室 佐々木純徹(右、3月17日~4月14日ハンガリー派遣

 

避難生活を送るウクライナの人々の姿が、東日本大震災後、避難所で身を寄せ合った日々と重なり、私たちにも何かできることはないかと考えました。そこで、大槌刺し子では売り上げの一部を、避難生活を送る女性や子どもたちへの支援など、テラ・ルネッサンスが実施するウクライナ支援活動を応援する、「寄付つき商品」の制作を決めました。

  

・商品について


 
寄付つき商品として販売するのは、ウクライナの国花でもある「ひまわり」をモチーフとした刺し子を施したハンカチとマスクの2アイテム。日常使いとして気軽に取り入れることができるアイテムを、いずれも商品価格2,000円で販売。そのうち1,000円が、ウクライナの支援活動に使われます。




刺し子は、もともと衣服の修繕や保温に加えて、家族の安全、豊穣祈願などの祈りを込めた手仕事として、受け継がれてきました。東日本大震災を経験し、避難生活の苦労を知る大槌刺し子の刺し子さん(職人)が、「ウクライナの人々が一日も早く平穏な日を取り戻せるように」との祈りを込めて、「ひまわり」モチーフの刺し子をひと針ひと針施しました。

ハンカチとマスクの素材には、無漂白の晒しを使用しています。吸水性と速乾性があり、肌にも優しいことが特徴です。


なお、商品購入時の特典として、ウクライナの子どもたちが描いたひまわりの絵をモチーフにしたポストカードをお付けします。購入いただいた方には、ウクライナの人々に想いを寄せていただくことを願っています。


生活の必需品でもあるハンカチとマスク。「ウクライナの人々のために何かしたい」そんな方におすすめの商品です。ぜひ、この機会に買い物を通じて、ウクライナ避難民の支援にご協力をお願い申し上げます。




・商品概要・

【ウクライナ支援】刺し子のひまわりハンカチ


■商品名:【ウクライナ支援】刺し子のひまわりハンカチ

■素材:綿

■サイズ:20×20cm

■販売価格:2,000円(税込)

■寄付金額:1,000円

ウクライナに加え、テラ・ルネッサンスは、現在ともに紛争による危機にあるアフリカのコンゴ民主共和国への支援を実施しています。ハンカチを囲う鮮やかな赤と青の刺繍は、コンゴ民主共和国の国旗の色。両国でいのちの危機にある方々の平和な暮らしを願って、ウクライナの花「ひまわり」に加えてコンゴの平和への願いも象徴する、このデザインを採用しました。

▶ご購入はこちら


【ウクライナ支援】刺し子のひまわりマスク


■商品名:【ウクライナ支援】刺し子のひまわりマスク

■素材:綿

■サイズ:H15×W24cm・耳かけ15cm
■販売価格:2,000円(税込)
■寄付金額:1,000円

無漂白の晒しを使用したマスクは、吸水性と速乾性があり、これからの暑い季節にも重宝します。
▶ご購入はこちら



・販売スケジュール・

5月9日(月)より大槌刺し子オンラインショップにて順次受付開始、5月中旬より順次発送いたします。

<大槌刺し子オンラインショップ ご購入はこちらから>


・大槌刺し子について・

2011年6月に東日本大震災で甚大な被害を受けた大槌町にて、支援に関わっていた5名の東京のボランティアが発足。現在は認定NPO法人テラ・ルネッサンスが運営。1.手仕事の価値を伝える、2.持続可能な社会をつくる、3.工芸と日本を元気にすることを目指している。発足以降、これまでに、累計約155,661千円を売り上げ、209名の岩手三陸の女性たちに約39,784千円の加工賃を支払った。現在、約30名の刺し子さんが職人として活躍し、岩手県内の伝統工芸の一つとして注目を集めている。



・テラ・ルネッサンスについて・



『すべての生命が安心して生活できる社会 (=世界平和) の実現』を目的に、2001年設立。カンボジア・ラオスでの地雷や不発弾処理支援、地雷埋設地域の生活再建支援をはじめ、ウガンダ・コンゴ・ブルンジでの元子ども兵や紛争被害者の自立支援を実施。また、日本国内では平和教育 (学校や企業向けの講演・研修) や政策提言活動、そのほかにも岩手県大槌町を中心に、東日本大震災復興支援活動を展開しています。第4回ジャパンSDGsアワード副本部長(外務大臣)賞 などを受賞。国連経済社会理事会特殊協議資格NGO。http://www.terra-r.jp/


   
 地雷撤去支援(カンボジア)元子ども兵社会復帰支援(ウガンダ) 平和教育  大槌刺し子

  • facebook
  • twitter

お問い合わせはこちら

メニュー閉じる