認定NPO法人テラ・ルネッサンスが運営する、大槌刺し子プロジェクトの最新情報をお知らせします!

メニュー

新着情報 新着情報


震災から5年。岩手・大槌で、 新商品は熊本地震支援寄附付き商品に。(期間限定) オンラインストアにて、5月16日より販売開始

2016年5月10日
認定NPO法人テラ・ルネッサンス

 

プレスリリース
報道関係者各位

 

震災から5年。岩手・大槌で、

新商品は熊本地震支援寄附付き商品に。(期間限定)

オンラインストアにて、5月16日より販売開始

 

 

岩手県上閉伊郡大槌町にて、「大槌復興刺し子プロジェクト」を運営する

NPO法人テラ・ルネッサンス(事務局:京都府京都市 理事長:小川真吾)は、

新商品のくるみボタンを熊本地震支援寄附付き商品として、期間限定で販売をします。

(販売価格1,000円のうち200円を寄附)

 

東日本大震災で甚大な被害を受けた大槌町。

その大槌町の女性たちの心理的負担の軽減や生き甲斐と仕事を生み出すために始まった

「大槌復興刺し子プロジェクト」は、2016年3月までに、累計184名の「刺し子さん」に、

28,271,941円の加工賃をお支払いしてきました。

 

 

大槌復興刺し子プロジェクトでは、5月より新商品のくるみボタンを発売することにしていましたが、

4月14日に熊本地震が発生したことを受け、熊本地震への支援金とするため、

期間限定で通常販売価格800円のくるみボタンを1,000円で販売することを決定しました。

大槌復興刺し子プロジェクトでは、事務所に手づくりの募金箱を設置し、募金を呼びかけ、

東日本大震災の被災者である刺し子さんたちも、「私たちも助けてもらったんだから!」

「できることは、やらなくちゃね」と言いながら、募金をしてきました。

 

 

 

 

これまで沢山の人に支えてもらい活動してきた私たちだからこそ、

次は私たちが熊本の皆さんの力になれるよう何ができるか考えていたとき、

今回の企画を思いつきました。スタッフに相談したところ、ぜひやろう!ということになりました」と、

大槌復興刺し子プロジェクトのマネージャー 吉田真衣は言います。

 

 

寄附付きくるみボタンの発売は、大槌復興刺し子プロジェクト・オンラインショップで

5月16日(月)10時より販売を開始します。期間は6月15日(水)までを予定。

 

 

本地震によって被災された皆さまに、1日も早く平安が訪れること

大槌復興刺し子プロジェクト一同、心より願っています。

本商品の販売を通じて得られた寄付金は、認定NPO法人テラ・ルネッサンスが責任を持って、

本震災によって被災された方々の支援に活用させていただきます。

 

………………………

 

■この件に関するお問い合わせについて

 

認定NPO法人テラ・ルネッサンス 

大槌復興刺し子プロジェクト マネージャー 吉田(ヨシダ)

TEL 0193-55-5368  Mail  m_yoshida@terra-r.jp

 

 

●大槌復興刺し子プロジェクトについて

 

2011年6月に東日本大震災で甚大な被害を受けた大槌町にて、

支援に関わっていた5名の東京のボランティアが発足させ、

現在は認定NPO法人テラ・ルネッサンスが運営。

生活再建、心理社会的負担の軽減、現地雇用の促進などを目的に、

東北に根付く「刺し子」を生かした商品を作成・販売。



  • 会員お申し込み
  • 寄付お申し込み