南スーダンの難民へ、生きるための緊急支援を届けたい。ご支援ご協力をよろしくお願いします。

南スーダン緊急支援 南スーダン緊急支援


 
  •  

■ 紛争状況の南スーダン、活動現場からのメッセージ



 

当会は認定NPO法人であり、ご寄付は

税控除(税制の優遇措置)の対象となります

 

 

 

■ わたしの寄付でできること、たとえば

 

 

 



■ 南スーダンの紛争で、180万人以上の難民が発生

 

  

2013年以降、紛争が繰り返されている南スーダンでは、衰退した経済に加え、様々な武装グループによる住民への略奪や殺害が発生し、命の危機や混乱から逃れるため現在までに約181万人が難民として国外での生活を余儀なくされています。特に昨年7月に発生した戦闘により、急速に難民が増え、これまでにその半数の約92万人が、当会の活動地域であるウガンダに難民として流入しています。(2017年4月末時点)

 

 

 

難民としての厳しい生活を強いられる人々の中には、紛争で親を失った子どもや、多くの子どもを抱える未亡人なども存在しています。彼らは緊急的な支援を必要としているにも関わらず、戦闘や暴力に晒されない安全な生活をはじめ、食料の確保や適切な医療サービス、基礎教育など、人間としての基本的ニーズを満たすためのきめ細かな支援が行き届いていない状況です。

 

人間としての最低限の暮らしを支える、緊急支援を届けたい

 

 

以上の背景から、テラ・ルネッサンスでは、調査を重ねてきたウガンダ北部にあるアジュマニ県「パギリニア難民居住区」において、保護者がいない子どもだけの世帯、配偶者を失い5人以上の子どもを抱える世帯、高齢者・障がいのある方の世帯など、特に緊急的な支援が必要な世帯の約1,000人を対象に、衣・食・住をはじめ、保健衛生、子どもの初等教育など、人間としての基本的ニーズを満たすための緊急支援を実施します。

 

 

 

UNHCR、WFPなど国連機関を中心に、食糧配布、水の確保、トイレ建設など支援を行われていますが、難民の数が予想を大幅に超え、増え続ける新しい難民の受け入れの対応にも注力しなければならない状況です。それぞれの難民が、最低限の生活を送る上で必要とするものは様々で、例えば、マラリアを予防するための蚊帳、料理をする鍋、水を運ぶバケツなど、各世帯によって多様なニーズがありますが、きめ細かい対応まで支援が追いついていません。したがって、多くの難民は現金収入がないため、配給される食糧の一部を居住区で販売し、現金化してからそれぞれ必要な物資を購入するという状況に陥っています。

 

■ 南スーダンから避難した、グレイスさん(16歳)の場合

 

 

2016年の7月、南スーダンからウガンダに避難したグレイスさん(仮名)。2013年に母親が死亡し、ドライバーを務めていた父親は一緒に避難しましたが、家財を取りに南スーダンへ戻った時に銃殺されました。紛争で両親を失い、現在は兄弟5人で暮らしています。18歳のお姉さんが国境の町に出稼ぎに行き、洗濯の仕事をしていますがたまにしか帰ってこず、その他には配給食糧の一部を転売することで、栄養のある食料を買ったり、学費をまかなったりしています。

 

 

 

聞き取り調査を行うなかで、彼女はこのように話してくれました。「特に姉妹の場合だと生理用品などにお金がかかることもあり、現在の暮らしは苦しいです。可能であるならば、南スーダンに戻りたいです。将来の夢は、看護師になり病人を助けたいと思っています。」

 

■ テラ・ルネッサンスだからできる、南スーダン難民への緊急支援

 


私たちはこれまで10年以上もの間、ウガンダをはじめ、隣国のコンゴやブルンジといったアフリカの国々で、『子ども兵』をはじめとした紛争被害者の支援に取り組んできました。何十万人という単位で語られる「難民」ですが、当然ながら現地で接する一人ひとりに「名前」があり、そして命をかけて生きている「人生」があります。支えるべき「家族」もいます。

 

皆さまと一緒に、力を合わせて、難民の人たちが一日も早く「人間として最低限の暮らしができる」ように、個別のニーズに合わせた支援を行なっていきたいと考えています。今回皆さまからいただいたご寄付は、南スーダン難民への緊急支援活動費として活用させていただきます。ご無理の無い範囲で構いません。どうぞご支援ご協力のほど、心よりお願い申し上げます。

 

   

 

当会は認定NPO法人であり、ご寄付は

税控除(税制の優遇措置)の対象となります

 

■ 銀行振込、郵便振込をお選びいただけます

テラ・ルネッサンスでは、『クレジットカード』『銀行振込』『郵便振込』の3つのお振込窓口をご用意しています。皆様のご都合のよい方法で、テラ・ルネッサンスの南スーダン難民 緊急支援にご協力ください。

 

     

 

 

郵便振込について

▼ 下記口座までお願いいたします ▼

加入者名

テラ・ルネッサンス国際協力基金

口座番号

00970‐4‐259873

備  考

ご自身で最寄りの郵便局にてお支払いただく場合について

 

1 )郵便局にて、青色の郵便払込票に上記加入者名と口座番号を記載ください。


2 )郵便振込票下部に氏名、住所、電話番号、領収証が必要な方は「領収証 要」と、ご記載ください。

 

3 )郵便局の窓口、もしくはATMにてお支払ください。※振込手数料はご負担くださいますよう、よろしくお願いいたします。

 

4 )10万円を超えるご寄付(現金)を銀行の窓口にてお振込みいただく場合、お取引時確認(運転免許証などの本人確認書類のご提示と、取引を行う目的・ご職業等の確認)が必要となります。法人様の場合はさらに、法人の名称および本店または主たる事務所の所在地を確認するために登記事項証明書が必要となります。予め準備の上、窓口にて手続きください。

 

■ わたしの寄付でできること、たとえば