平和教育・地雷・小型武器・子ども兵に取り組む認定NPO法人テラ・ルネッサンス

メニュー

テラ・ルネッサンス ブログ テラ・ルネッサンス ブログ


「やってみないとわからない。まずはやってみよう!」の実践

ある日のカンボジアオフィスで…


こんにちは!インターンの津田です。

複数の村を訪問し、オフィスに帰ってきた日。

ふと見ると、さっきまで忙しそうに作業をしていた江角駐在員がいらっしゃいません。あれれと思いオフィスのファームを覗きに行くと…
ある日のカンボジアオフィスで…


畑を耕す、江角駐在員の姿が。何かの種を蒔いています。


聞いてみると、蒔いているのは、「大豆」の種でした!

先日のラオス出張で手に入れた大豆の種だそうです。発芽しやすいよう、昨日から水につけておいた種を、蒔いていきます。


写真:真ん中あたりに見える白いものが大豆。

カンボジアのオフィスでは、野菜を育てたり、ココナッツ殻をミミズに食べてもらって良質な土を作ったり、コオロギを飼育したり、鶏を飼育したり、本当にいろいろなことを試みています。一時期はきのこ栽培も行っていたそうです。

いろんなことにチャレンジしているだけではありません。

こだわりは、スタッフのみんなもよく言う「ナチュラル」。

科学的な肥料や農薬は使わないようにする、というのがテラ・カンボジアファームのこだわりです。


カンボジアでは野菜を使った美味しい料理がたくさんありますが、カンボジア産の野菜は3割ほど。多くはベトナムやタイからの輸入品です。安価に手に入る一方、残留農薬の心配があり、実際に健康被害も出ています。

土地をよく知る現地スタッフたちだからこそ、野菜を買う際にも果物を買う際にも、「これはカンボジア産だよ。」「これは農薬を使っていないから"ナチュラル"だよ。」と、教えてくれます。

オフィスで取れた野菜は、「お夕飯ように。」と言って、スタッフが持って帰ることもあります。


写真:事務所で育てている野菜や花。


「やってみないとうまくいくかわからないから、まずは自分たちでやってみよう。」という姿勢で、新たな可能性を探るためにいろいろ試しています。スタッフみんなで、気づいた時に水をやったりしています。

「蒔いた大豆が雨で流されてしまいませんように…」と願いながら、発芽を楽しみに待とうと思います!

読んでいただきありがとうございました。


アジア事業マネージャー江角による、現地報告ブログ「バッタンバンの風」はこちらから。
..............................................
記事執筆/
アジア事業インターン
津田 理沙

その他のブログを見る

  • facebook
  • twitter

お問い合わせはこちら

メニュー閉じる