ワークショップに参加してモチベーションの上がった村人

メニュー

テラ・ルネッサンス ブログ テラ・ルネッサンス ブログ


ワークショップに参加してモチベーションの上がった村人

【 アジアレポート/2018年5月_topic.03 】

シポンさんは、テラ・ルネッサンスが養蜂を支援するムアン村に住む38歳。30箱の巣箱を持ち、そのうち5月の時点で、6箱にミツバチが巣を作っています。今年は、雨が多いための花が少なく、蜜蜂たちも集める蜂蜜量が少ないと話すシポンさん。昨年訓練で渡した巣箱でも養蜂をしていましたが、まだ収穫できる状態ではありませんでした。
 
5月22日〜24日までラオスのシエンクアン県では、第1回ナショナル・ハニー・ワークショップが開催され、シポンさんも他の村人たちとともに参加してくれました。フィールド視察では、シエンクアン県のレ・トン村に他のプロジェクトが建設したばかりの養蜂の訓練センターを視察。やはりここでも例年だと5月には収穫が終わるのに、今年は雨が多く、まだ収穫できるほど集まっていないとのこと。
 
それでもデモンストレーションとして1箱の蜂蜜を村人たちが収穫してくれましたが、途中から一人の村人が持っていたケーンという楽器の演奏に歌が入り、採れたて蜂蜜と現地のお米の焼酎ラオラオを混ぜたお酒で乾杯。なんともラオスらしい楽しいフィールド視察になりました。
 
 
ワークショップが終わった後、もう一度ムアン村を訪問したときにシポンさんの家で昼食を頂きました。新しい家を建てていた昨年は、蜂蜜は4kgの収穫で、120,000kipほどの収入があったそうですが、今年は家の建設も終わり、さらに養蜂を進めたいと話してくれました。ワークショップにも参加して、様々な技術やプレゼンを聞くとともに、他の村の状況も視察してモチベーションも上がったシポンさんにこれからも期待しています。
【 アジアレポート/2018年5月_topic.03 】

..............................................
記事執筆/
アジア事業マネージャー
江角 泰

その他のブログを見る

  • facebook
  • twitter

お問い合わせはこちら

メニュー閉じる